爪水虫の治し方!一刻も早く爪水虫を完治させる7つの効果的な療法

爪水虫の治し方!一刻も早く爪水虫を完治させる7つの効果的な療法

今回は爪水虫の効果的な治し方について説明致します。当記事をご覧になっていることからも、自身若しくは家族などの周りの人間が感染していることと思います。

爪水虫を甘く見ていると靴が履けなくなったりと、私生活に大変な支障をきたすことになります。そうなる前にぜひ、今回の爪水虫の治し方ご参考に、一刻も早く完治させましょう。

スポンサーリンク

爪水虫の治し方!一刻も早く爪水虫を完治させる7つの効果的な療法

○ 爪水虫とは

水虫の最終形である爪水虫、正式名称は爪白癬(つめはくせん)と言います。水虫を長い間患っていると、爪の間にも白癬菌が侵入し爪が白く変色していきます。

つまり、水虫の末期症状と言える症状でもあるのですね。

最終的には、靴が履けなくなったり、歩きにくくなったりと日常生活にも支障を来たすようになります。また、放っておくと家族や周りの人間にも感染しますので早めの対処が求められます。

このように、爪水虫は軽く見ていると大変に危ない症状です。

① 内服薬を利用する

水虫の治療方法は基本的に2つしかありません。その一つが内服薬、つまり飲み薬です。

水虫の場合は外用薬での治療が基本ですが、爪水虫の場合、外用薬のみでの治療は困難な場合が多いです。

そこで、最も一般的なのが飲み薬による治療方法です。ラミシールなどの飲み薬を1日1錠ずつ飲んで根気よく治療していきます。

個人差と指による差もありますが、およそ手の爪は3カ月、足の爪は12ヶ月で生え変わりますので、その期間を目安にしましょう。

ただ、この治療方法は副作用として、稀に肝機能に障害を起こすケースがあります。

ただ、副作用が全く無い内服薬など存在しませんから、医師と相談し適切に対処すれば、必要以上に恐れる必要はありません。

② 外用薬を利用する

もう一つの方法は外用薬、つまり塗り薬です。爪と爪の間に抗真菌薬を塗布することで、外部から滅菌する治療方法です。

通常、爪水虫は爪だけではなく、指の裏などにも症状が出ているケースが多いですので、外用薬を併用することで効果を高めます。

また、外用薬の利用により、爪が崩れにくくなり、僅かですが拡散を防ぐことができるようになります。なお、塗り薬よりスプレータイプの方が手への感染を防げるのでお勧めです。

1日2回、朝・晩塗布するタイプが一般的です。

③ 自然治癒はしない

結論から言うと自然治癒はしません。放っておけば放っておくほど悪化しますので、すぐに治療が必要です。

白癬菌が入り込む皮膚の角質層は、白血球が到達できないエリアであり、さらに新陳代謝をしのぐスピードで増殖します。結果、日本全国で推定2,500万人の水虫患者、1,200万人の爪水虫患者となっているのです。

感染者数からみても、自然治癒が不可な事がご理解頂けると思います。

④ 予防する

自然治癒不可、となれば基本的に我々ができることは予防です。ですが、白癬菌の感染予防はさほど難しいものではありません。

というのは白癬菌が皮膚についてから感染するまでには24時間かかると言われているからです。

つまり、一日一回しっかりと洗い流せば、白癬菌に感染することはないのです。

現代人は毎日お風呂に入る方が大半でしょうから、毎日のお風呂で足の裏などをしっかりと洗っていれば爪水虫になることはほとんどないのですね。

⑤ 足湯は効果的

予防方法の一つとして足湯も効果的です。上記の④では清潔に保つことに触れましたが、熱を持って対処する方法もあります。

白癬菌は、温度15℃~20℃で最も活性化すると言われていますので、40〜45℃の足湯に毎日はいることで白癬菌の活性化を抑えて、爪水虫にかかるリスクを最小化することができます。

⑥ 水虫から感染する

今までも説明申し上げてきましたが、爪水虫は水虫から感染が広がるケースが大半です。水虫の段階であれば、外用薬のみでの対処も可能であり、治療も簡単です。

ですので、水虫の段階で対処することを強く推奨致します。

⑦ 早めの対処が必要

「所詮、ただの水虫だ」と軽く見ていると、大変危険です。

糖尿病の方であれば合併症のリスクもあります。初期や早期であれば、費用も大きく掛かることはありませんし、放置すればするほど事態が悪化するのは間違いありません。

自分は大丈夫でも周りの人間は大丈夫では無いかもしれません。

感染力の強さが爪水虫の怖さでもあります。自分自身のためにも、周りに感染させない為にも、早めに対処するようにしましょう。

まとめ:「爪水虫の治し方7つの療法」

いかがでしたか?「爪水虫の治し方」をテーマにご紹介させていただきました。

最後にもう一度7つの療法について確認してみましょう。

① 内服薬を利用する

② 外用薬を利用する

③ 自然治癒はしない

④ 予防する

⑤ 足湯は効果的

⑥ 水虫から感染する

⑦ 早めの対処が必要

いかがでしたか?たかが爪水虫、されど爪水虫です。

昔と違い今は良い薬もあり完治させることが可能です。

「水虫=不潔」などのイメージがあり、女性の方は特に恥ずかしいとの思いから治療が遅れ、症状を悪化させてしまうケースが多いです。しかし、先述したとおり爪水虫は自然治癒しませんし、悪化すると日常生活に支障を来たすこともあるのです。

早め早めの対処をされることを願っておりますし、当記事がそのための参考になれば幸いでございます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう