反り腰の治し方!体のバランスを整える3つのお手軽ストレッチ

反り腰の治し方!体のバランスを整える3つのお手軽ストレッチ

今回は反り腰の治し方についてご紹介します。最近、パソコンやスマホの普及が原因で、姿勢が悪い人が多くなってきています。

IT技術の進化で私達の生活は便利になって、今では欠かせない道具となりましたが、私達の生活や身体には弊害が生じています。

肩こりや腰痛、眼精疲労などは、もはや現代病と呼ばれるようになりました。

そこで今回は、そんな現代病のひとつでもある「反り腰の治し方」についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

反り腰の治し方!体のバランスを整える3つのお手軽ストレッチ

① 反り腰とはどういう状態?

反り腰とは、字のごとく腰がそっている状態です。

人間の身体は、S字湾曲になっているのですが、反り腰は正常な腰部の湾曲が過剰になってしまっています。

反り腰になると重心が後方に移動します。身体の前方の筋肉、腹筋などと身体を支える後方の筋肉のバランスが崩れている状態です。

自分が反り腰かどうか見極める簡単な方法としては、壁を背にして立ち、腰に手をいれる事ができるかどうかです。

仰向けに寝ても確認できます。

もし、おしりと腰の間に空間があり、そこに手を入れる事ができる人は反り腰の可能性が高いです。

② 反り腰になる原因とは

人間の身体は、もともと前方に身体の重みが偏っており、それを後ろの背骨で支えています。

その為、姿勢を保つ為の筋肉は、身体の後方についており、これらの筋肉が、発達している人は、綺麗な姿勢を保つ事ができます。

しかし、その後ろで姿勢を支える筋肉が、十分でない方は前方に倒れていきますが、そこで倒れてしまわないように、身体がバランスをとろうとする為、腰のあたりで反ります。

これが反り腰になる原因です。

③ 反り腰になりやすい人の特徴

反り腰になりやすい人、またはなっているかもしれない人は、腰痛持ちである事が多いのと、ハイヒールをよく履いている人、

身体を前に曲げると腰の下に痛みがある人、朝、身体が固まり身体を曲げるのがツライ人、ヒップラインが下がってきた人、下腹がぽっこりでている人です。

反り腰は、腰回りの筋肉を使う為、腰に非常に負担がかかります。反り腰の人に腰痛持ちが非常に多い事や、下腹がでている人などが腰痛持ちというのも原因です。

反り腰の型もいろいろありますが、猫背で反り腰の方などの場合は、腰痛の他、肩こりや首のこりなども原因になります。

また、ぽっこりお腹で反り腰になっている方の場合は、腰痛だけでなくぎっくり腰や、坐骨神経痛も引き起こしやすくなります。

そのほかにも股関節に重心がかかって、骨盤もゆがむことから股関節の痛みや、ヒップラインがくずれてくることもあり、見た目も悪くなるほか、骨盤のゆがみからさまざまなトラブルを起こす原因をつくる可能性もあります。

④ 反り腰の治し方

反り腰は、身体の前方の筋肉と後方の筋肉のバランスが崩れてしまっていること、正しい姿勢を形づくる身体の後方の筋肉を鍛える事。

また、身体の全面の筋肉の腹筋も弱い人が多いです。筋力をつけることで、ある程度軽減できるといわれています。

筋肉を鍛える、ほぐすためには、ストレッチが有効な方法です。いくつかヨガやストレッチ方法をお伝えしましょう。

その1:腹筋を鍛える。船のポーズ

(1)膝を曲げて、体育座りの姿勢でおしり(2つの座骨を意識します)に重心をおきます。

(2)息を吸って、ゆっくり足を床からはなし、床と並行な位置まで足を持ち上げていきます。

(3)腰は、手前に引き背筋を伸ばして胸を開きます。背中がまるくならないよう意識してください。

(4)手を前に伸ばして足と同じ方向にのばします。

(5)腹筋に力をいれて状態をおこし、背中を丸めないようにして、目線は指先、アゴは少し引きます。

(6)1~5秒ぐらいその状態でキープして、身体をゆるめる事を繰り返します。

その2:大殿筋(おしり)の筋肉を鍛える

(1)うつ伏せになり、おなかの下にクッションなどをいれます。

(2)膝をまげて左右どちらか一方のおしりの力だけを使って、足を腿全体から真上に上げます。

(3)上げたまま1~5秒くらいキープし、左右同じように、繰り返します。

その3:骨盤のゆがみを調整する。(がっせきのポーズ)

(1)体育座りになり、左右の両膝を外側に倒します。

(2)両足の足裏同士を合わせ、合わせた両足を両手で包み込むようにします。

(3)そのまま身体の前方へ引き寄せていきます。

(4)おしりの2つの座骨で、床を体重を押し付けながら背骨を引き上げます。

(5)膝の内側をのばしたら、息を吸って、背筋を伸ばし股関節から身体を前方に倒します。

(6)1~5秒キープしてから身体をゆるめます。

まとめ:「反り腰の治し方3つのストレッチ」

いかがでしたか?「反り腰の治し方」をテーマにご紹介させていただきました。

最後にもう一度3つのストレッチについて確認してみましょう。

その1:腹筋を鍛える。船のポーズ

その2:大殿筋(おしり)の筋肉を鍛える

その3:骨盤のゆがみを調整する。(がっせきのポーズ)

反り腰は、正しい姿勢を保つことによって治す事ができます。そして、正しい姿勢を保つにには、筋肉を鍛える事が必要になります。

普段の生活から運動不足を感じている人は、仕事で座る時に腹筋を意識する事や、電車に乗っている時も、背筋や、腹筋を意識するなどしてみましょう。

なかなか運動をする機会がない現代の生活ですが、寝る前にストレッチなどして、緊張している筋肉には弛緩を、緩んでいるところには緊張を与えてあげることが必要です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう