ツライ生理痛を緩和してくれる8つの魔法の食べ物

ツライ生理痛を緩和してくれる8つの魔法の食べ物

今回は生理痛の緩和に効果的な食べ物をご紹介します。

ほとんどの女性に定期的にやってくる生理痛。

これが食べ物だけで改善されたら嬉しいですよね。

生理痛を軽減させるためには、女性ホルモンの分泌を整えることが大切です。

それには必要な栄養素を効率よく摂取することが重要です。

リラックスして、精神の安定を高めるにはアロマなども効果的ですが、ここでは、日々の食べ物で緩和する方法をお伝えします。

スポンサーリンク

ツライ生理痛を緩和してくれる8つの魔法の食べ物

① ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成や維持をします。

そして、ビタミンEやB群を効率よく吸収する助けをします。

ビタミンCは、摂取してもすぐに体外へ排出されてしまうので、こまめな補給が必要となります。

また、生理痛の緩和以外にもストレスの緩和、美肌効果があります。

・グレープフルーツ

・グアバ

・キウイ

・アセロラ

・イチゴ

・柿

・すだち

・のり

・かぶ

・ゴウヤ

・ブロッコリー

② ビタミンE

ビタミンEはホルモン分泌を正常にする効果があります。

強い抗酸化作用があり、「老化防止のビタミン」といわれています。

糖尿病、心臓病、がんなどにも効果がありますが、更年期障害の予防や治療にも役立ちます。

・アーモンド

・落花生

・ごま

・納豆

・モロヘイヤ

・うなぎ

・煎茶

・抹茶

③ ビタミンB1

神経の働きを正常化し、ストレスに対する抵抗力がつきます。

イライラ防止にもなり、糖質を分解してエネルギーにするため、ダイエット効果もあります。

・豚肉(特にヒレ肉)

・大豆

・ご飯

・うなぎ

・たらこ

・ごま

・ハム

・サラミ

・のり

・ナッツ

・大麦

④ ビタミンB6

エストロゲンの代謝、細胞の新陳代謝を促し、美肌にも効果があります。

PMSや妊娠前期のつわりにも効果的です。

・マグロ

・さんま

・鮭

・かつお

・さば

・レバー

・銀杏

・ピスタチオ

・にんにく

・バナナ

・鶏肉

⑤ カルシウム

神経伝達に関与し、不足するとイライラしやすくなります。

ストレスがかかると、体外に排出されたり、吸収が悪くなるので注意が必要です。

骨組織の形成や筋肉の興奮を抑制する働きもあり、また血液の浸透圧の調整や血液の凝固にも作用します。

99%は骨をつくり、1%は血液や体液中に含まれます。

・ヨーグルト

・牛乳

・干しエビ

・小松菜

・チーズ

・小魚

・海藻

・緑黄色野菜

・ひじき

⑥ DHA

魚の油に多く含まれている必須脂肪酸です。

ホルモン分泌の補助をする働きがあります。

体内では作られず、食事で摂るしかありません。

細胞膜の構成成分のひとつで、眼や脳、心筋の細胞に多く含まれます。

神経細胞のスムーズな情報伝達として役立っているので、不足すると学習能力や記憶能力が低下するおそれがあります。

また血行促進や中性脂肪を下げる効果もあります。

・イワシ

・さんま

・マグロ

・さば

⑦(大豆)イソフラボン

女性ホルモンと似た働き(エストロゲンに似た構造をしている)をします。

セロトニンという快感物質の原料であり、大豆の成分であるレシチンはコレステロールを下げるはたらきをします。

また更年期障害の症状もやわらげます。

・きな粉

・豆乳

・納豆

・豆腐

 ※納豆にねぎ、からし、しょうゆ、たまごを入れたら、最高食の完成です。

⑧ハーブティー

リラックス効果の高いハーブティですが、女性に嬉しい効果もあります。

小腹が空いたら、おやつとしてナッツと一緒にハーブティはいかがですか。

フルーツにヨーグルトをかけて、ハーブティと一緒にいただくのもいいでしょう。

今までご紹介してきた食品と一緒に、ハーブティで一服するのもいいですし、食後のお茶として、ティータイムを楽しむのにもオススメです。

●セージ

殺菌効果や消臭効果のあるセージですが、女性ホルモンを活発にする働きもあります。

また、むくみの改善や消化器官を整える効果もあります。

●フェンネル

お肉やお魚と一緒にまぶしておくと、臭みを消す効果のあるフェンネルですが、女性ホルモンを活発にするハーブとしては、ナンバー1です。

利尿作用があるので、むくみや便秘の改善にも効果があります。

●カモミール

不安や緊張をほぐすリラックス効果で知られているカモミールですが、からだを温め生理痛をやわらげる効果があります。

鎮静効果があり、安眠も期待できます。

●ローズヒップ

利尿作用があり、便秘やむくみに効果を発揮します。

ビタミンCが豊富なので、美肌にも効果があります。

●ラベンダー

怒りをやわらげ、中枢神経のバランスを回復してくれます。

●ベルガモット

怒りやフラストレーションをやわらげ、気分をリフレッシュさせてくれます。

生理中の、頭痛や肩こりでつらい時にリラックスさせてくれるハーブティは、まさに女性の救世主的存在ですね。

おいしく、体にも嬉しい。

まさに、一石二鳥です。色々なハーブと組み合わせて、オリジナルブレンドのハーブティを作ってみるのも楽しいものです。

生理中には、ちょうど良い気分転換になるかもしれません。

まとめ:「生理痛を緩和してくれる8つの食べ物」

いかがでしたか?「生理痛に効く食べ物」をテーマにご紹介させていただきました。

最後にもう一度8つの食べ物について確認してみましょう。

① ビタミンC

② ビタミンE

③ ビタミンB1

④ ビタミンB6

⑤ カルシウム

⑥ DHA

⑦ (大豆)イソフラボン

⑧ ハーブティー

このように、生理痛に効く食べ物はたくさんあります。

それを踏まえて考えてみると、バランスよく色々なものを食べていれば、生理痛も軽減されるということです。

それは生理痛に限らず、生命を維持するという最低限の生命活動の中においても、健康で美しく生活することにおいても重要になってきます。

今日からさっそく、食事に取り入れて実践してみましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう