プラセンタの美容効果がスゴい!若返りたい人が絶対とるべき9つの理由

「プラセンタ」という名前は知ってるけど実際どんな成分なのかは、「ハッキリ分からない」という人も多いのではないでしょうか。

プラセンタは美容効果が高く、しかも若返りに効果がある神秘的な美容成分です。

実際、年齢よりも若く見える芸能人やモデルには、プラセンタを愛用している人がたくさんいます。

そんなプラセンタの美容効果をご紹介しましょう。若返りを目指している人には必見です!

スポンサーリンク

プラセンタとは?

プラセンタは英語で「placenta」と書き、日本語訳は「胎盤」です。

受精卵から赤ちゃんを育てる、命の神秘と栄養の詰まった胎盤。そこには多種多様な栄養素が含まれており、古くは不老長寿の薬として重宝されたほどです。

それもそのはず、プラセンタには、

  • ビタミン
  • ミネラル
  • 酵素
  • ペプチド
  • アミノ酸
  • ヒアルロン酸
  • 成長因子

と、実に豊富な成分が含まれており、プラセンタを使うことでそれら全ての効果が一挙に得られるのです。

プラセンタの美容効果

ここからは、「美容の滋養強壮剤」ともいえる栄養が凝縮された成分「プラセンタ」がもたらす代表的な効果をご紹介します。

肌を若々しくする

「プラセンタ」は、若返りを求めて取り入れる人の多い成分です。その理由は、赤ちゃんを育てる胎盤ならではの「成長因子」にあります。

成長因子とは、細胞分裂を促進して細胞の成長に作用する因子のことで、それは、一つの受精卵が赤ちゃんへと成長するために欠かせないものです。

プラセンタには何種類もの成長因子が含まれています。そして、これはプラセンタにしか含まれない、特別な成分でもあります。

赤ちゃんを成長させるための多種多様な成長因子を大人の肌に与えれば、肌を若返らせる効果が期待できます。

「最近、なんとなく老けてきた気がする……」そう感じたら、プラセンタを試してみましょう!

シミを防ぐ

多岐にわたるプラセンタの効果の中でも、「シミ」への効果は強力です。

シミに効くとされる成分は多数ありますが、厚生労働省で効果効能が認可されている有効成分は、限られています。

「プラセンタ」は、その選ばれし成分の一つです。

「あれ、こんなところにシミができてる!」と慌てたときは、プラセンタの美容液をシミに塗りましょう。

プラセンタには「上皮成長因子(EGF)」というシミにアプローチする成分が含まれ、シミの元となる「メラニン色素」を抑制します。

メラニン色素が本格的なシミとなって定着する前に、プラセンタでケアしましょう。

シワを目立たなくする

目尻やほうれい線の「シワ」は、一本増えるだけで一気に老けて見えて、気になりますよね。

肌内部のコラーゲンの量が減るのと逆比例して、シワはみるみる増えていきます。そんな困ったシワにも、プラセンタが活躍です。

プラセンタに含まれる「線維芽細胞成長因子(FGF)」は、コラーゲン生成工場である「繊維芽細胞」を活性化させます。

すると、コラーゲンの生成がスムーズに行われるようになり、コラーゲンを増やす効果が期待できるのです。

シワの部分は、コラーゲンが損傷している状態。コラーゲンが増えれば、徐々にシワは目立たなくなります。

肌をしっとりうるおす

乾燥肌が深刻化すると、肌は自分で皮脂を出すことができずに、肌の表面を砂漠のように枯らしてしまいます。

肌の表面でフタの役割をする皮脂がないと、うるおいはどんどん蒸発してしまい、さらに乾燥が進むという悪循環にもなります。

そんな乾燥肌にも、プラセンタは効果的です。プラセンタには、肌の表面をうるおす「上皮成長因子(EGF)」が含まれています。

プラセンタを肌に塗ると、天然の保湿成分である皮脂が約2倍に増え、しっとりと肌がうるおうのです。

しかも、プラセンタによって増えるのは、ベタつきのある老廃物を含んだ皮脂ではなく、サラサラとした良質な皮脂で、乾燥を防ぐだけでなく美肌を作る効果もあります。

肌に透明感をもたらす

透明感のある肌は、女性の永遠の憧れですよね。

内側から透き通って発光するような透明感は、通常のスキンケアではなかなか得られませんが、プラセンタを取り入れることによって可能になるのです。

透明感のある肌にうるおいは不可欠ですが、それだけでは不充分。さらに、肌の血行が良く、隅々までくすみのない状態である必要があります。

プラセンタには、うるおい効果に加えて、「造血作用」と「血行促進作用」があります。

そのため、くすみの原因となる血の滞りを解消し、健康的で色っぽい透明感を作ることができるのです。

しつこいニキビを治す

お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんが、病気になったら大変です。だから、胎盤には、赤ちゃんを細菌やウィルスから守り、炎症を抑える役割があります。

そのため、プラセンタには「抵抗力」や「強い抗炎症作用」があるのです。

プラセンタに含まれる「トランスフォーミング成長因子(TGF)」には、ニキビで炎症を起こしている肌を鎮める効果があります。

赤みを帯びてなかなか治らないニキビは、プラセンタでケアしましょう。痕を残さずキレイにニキビが治ります。

また、ニキビの原因菌である「アクネ菌」に対する抵抗力を強める効果もあるので、これからできるニキビを防ぐことができます。

敏感肌を改善する

化粧品などのちょっとした刺激で荒れやすかったり、季節の変わり目に肌が不調になったり、敏感肌を抱えていると大変です。

敏感肌の原因は、未熟で傷つきやすい肌細胞ですが、プラセンタなら健康な肌細胞へと改善する効果があります。

というのも、プラセンタには「インスリン様成長因子(IGF)」という、壊れた細胞の再生をサポートする成長因子が含まれているのです。

プラセンタのケアを続ければ、敏感肌も強い肌へと生まれ変われます。

バストを大きくする

ハリ・弾力をアップさせる効果は、顔だけでなくバストにも期待できます。

プラセンタには、「インスリン様成長因子(IGF)」という、

  • 肌のコラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン

を増やす成分が含まれています。

この3つともバストのハリを構成する成分ですが、なかでもバストにとって重要なのは「エラスチン」です。

エラスチンは、コラーゲンの束をつなぎ止めて支える役割をしています。つまり、エラスチンが減少すると、その分バストは垂れてしまうのです。

プラセンタでコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンを増やしたら、バストのサイズとシルエットが変わってくるでしょう。

ツヤツヤの黒髪を育む

プラセンタにはさまざまな成長因子が含まれていますが、成長因子は頭髪を育てる毛根細胞にも作用することが分かっています。

毛根細胞は、髪の毛を生み出す場所です。この細胞が休止してしまったり、死んでしまったりすると、髪の毛が作られなくなり、薄毛が進行してしまいます。

成長因子の中でも特に「上皮成長因子(EGF)」は、毛根細胞に働きかけて活性化します。

最近は成長因子配合の育毛剤が販売されていますが、プラセンタを塗れば育毛剤代わりになるのです。

さらに、プラセンタにはホルモンバランスを整える作用もあります。

出産後や更年期には、女性ホルモンが急激に減るのですが、その影響で一気に髪の毛が抜けてしまう場合があります。

そのようなことを防ぐためには、出産前、更年期前からプラセンタを取り入れておくと安心です。

まとめ

美容に抜群の効果が期待できるプラセンタ。プラセンタを取り入れることで、若々しい美しさをキープできるのなら、うれしいですよね。

今までプラセンタなんて使ったことがないという方も、この機会に一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう