スポンサーリンク

NURO光のメリットとデメリットを理解して快適ネット生活

通信

NURO光のメリット・デメリット

NURO光のメリットには、上り下り共に最大で10Gbpsと速度が速いこと、プランによっては5,000円未満と月額基本料金が安い点が挙げられます。
10Gbpsというのは最上位プランの速度ですが、一般向けのプランでも2Gbpsの速度を楽しむことができます。

速いといわれている光回線でも、多くは下り最大1Gbpsが上限ですから、2倍の2Gbpsでもかなりの通信速度です。

無線LANはルーターが不要

超高速の通信を体験するには、有線で接続することが前提ですが、無線でもその速さの恩恵が受けられます。無線LANはルーターが不要なので、追加料金が節約できるのもNURO光のメリットの1つです。

料金が安い

一方の月額基本料金は、戸建ての光回線の平均が5,000円~6,000円なのに対し、6,000円を切る金額なのが魅力的です。

ワンコインで提供される安心のセキュリティもあるので、こういったところもNURO光の見逃せないところです。

通常高額になりがちな工事費もお得になるので、初期費用を抑えて費用対効果の優れる高速光回線が手にできます。

おまけにキャッシュバックがもらえるので、乗り換えを検討しない理由はないです。

提供エリアが限定されている

ただ、提供エリアが限定されていること、プロバイダーが限定されるといったデメリットもあります。現在のところ、NURO光は先行している関東や関西地方に、北海道と東海4県、福岡や佐賀といった九州地方の提供に限られます。

エリア内でも、地域によっては利用できない場合がありますから、全国何処でも利用可能ではないのがネックです。

プロバイダーが限定される点については、今のところソネットのみで他の選択肢は選べないです。既にソネットのユーザーならNURO光の乗り換えは楽ですが、他のプロバイダーだと解約や新規手続きの手間が発生します。

しかも、プロバイダー提供のメールアドレスが使えなくなるので、メールアドレスを変更しなければいけない手間もあります。

メリットとデメリットを比較すると、NURO光はメリットが多く魅力が上回る傾向で、デメリットに納得できれば有力な乗り換え先になるでしょう。

NURO光の料金は?

NURO光の月額料金は、戸建てプランの契約期間なしG2が月額7,124円で、2年契約のG2Vが4,743円に設定されています。

料金はどちらも税抜で消費税を加えた金額が月額料金ですから、そこを間違えないようにしたいところです。

2年契約の方が圧倒的にお得ですが、契約期間中に解約すると、9,500円税抜の契約解除料が発生するのがVのつかないG2との違いです。契約解除料は気になるものですが、開通の際の工事費が毎月割り引かれるので、実はそれほどネックにはならないです。

対するマンション向けプランは、同じ建物内のユーザー数によって金額が変わることから、統一された一律料金ではないです。

目安としては月額2,000円~2,500円といったところで、やはり税抜ではありますが、それでもかなりお得だと分かります。

戸建てプランのG2Vは、通常40,000円の工事費と、3,000円の契約事務手数料の初期費用がかかります。しかし、特典でどちらもお得になりますから、月額料金だけでなく初期費用についても太っ腹でお得です。

選択して加入できるNURO光でんわは、北海道と関東地方が1ヶ月あたり500円で、東海や関西と九州地方は300円です。特典の適用前でも、月額料金は6千円台前半から半ばの間に収まるので、サービス内容に対して改めてお得感が強いといえます。

ちなみに、工事費の内訳はLAN配線とTEL配線がそれぞれ7,980円で、回線撤去費用が10,000円です。工事が土日祝日になると、プラス3,000円の料金が発生しますから、平日忙しい人はこの料金も回線開通の費用に加わります。

宅内と屋外工事の同日対応については、工事日の調整が必要なことからプラス5,000円です。また、レンタルのWiFiルーターが破損した場合は、機器損害金として11,000円が請求されます。

金額の表記はいずれも税抜なので、消費税を掛けた金額が実際に発生する料金となります。

NURO光のお得なオプション

NURO光は、高速かつリーズナブルな基本料金という魅力がありますが、更にお得なオプションが用意されているのも魅力です。

セキュリティソフトの無料利用

通常だとワンコインですが、セキュリティソフトの無料利用が可能で、それも5台の端末まで無料になることからお得感が大きいです。

ワンコインとはいえ、契約期間の間に利用継続を行えばかかる費用は膨らみますから、無料となれば諦めずに利用できます。無料なら選ばない理由はないですし、オプションをつけるだけで利用可能になるので、契約の際に選ぶのを忘れないようにしましょう

工事費が実質無料

工事費が実質無料になるのはもっと魅力的で、40,000円の基本工事費が契約期間中、毎月割り引かれる形でお得になります。

具体的には、回線の開通月の翌月から30ヶ月にわたり、分割して支払うのが工事費です。割引前は月額料金に1,300円ほど加算されますが、これが特典によって実質無料になるわけです。

開通月から31ヶ月よりも前に解約すると、工事費の残債が請求されるので、清算して支払うことになります。しかし契約を続ければ請求はありませんし、最後まで工事費が割り引かれるので実質無料が実現します。

工事費が実質無料になるのは条件を満たすのが前提なので、無料のチャンスを逃さないようにすることが大切です。

スマホとセットで割引

Softbankユーザー限定ですが、スマホの利用者にお得なセット割が用意されているので、これもNURO光の魅力の1つとなります。NURO光でんわのホワイトコール24と、Softbankのホワイトコール24の加入が条件ですが、前者は500円税抜で後者は無料です。

データ定額が50GBか20GB、5GBのいずれかなら、スマホ1台につき毎月1,000円税抜の割引が適用されます。3Gケータイ利用のSoftbankユーザーにも、1台あたり毎月500円税抜の割引適用があります。

他にも、無料の無線LAN貸し出しやテレビで映像配信が楽しめるひかりTVforNURO、それ以外に便利で魅力的な有料オプションも取り揃えられています。

お客様へのご提案

リスト顧客訴求後、料金、プランにご納得いただけた場合下記URLをメール、もしくは口頭でご案内をお願い致します。詳細フローは契約資料※3を確認してください。

「https://healty-lifestyle.com/nurohikari-key12」

タイトルとURLをコピーしました