喉のイガイガの治し方!スッキリした喉に回復する6つの方法

喉のイガイガの治し方!スッキリした喉に回復する6つの方法

妙に喉に違和感があってイガイガする…季節の変わり目になると、なぜかしら咳が出てしまう…風邪ではないことだけは分かるのに、咳が出だすと止まらない…そういった経験はありませんか?

でも、熱もないし、風邪ではないから、病院に行くにも何科に行けばいいのだろうと悩みが多い症状でもあります。

そこで今回はこの「喉のイガイガ」の原因や効果的な治し方をご紹介します。とても簡単にできるので日頃から心がけて、スッキリした喉を取り戻しましょう!

スポンサーリンク

喉のイガイガの治し方!スッキリした喉に回復する6つの方法

① なぜ喉がイガイガするの?

喉がイガイガするということを冷静になって見つめてみると、ピリピリしたような感覚を感じる人は多いのではないでしょうか。

しかも風邪の時に感じる喉の異常とはどこか違います。

実際に、喉がイガイガするだけでは病気としては認められないことの方が大半を占めます。喉がイガイガする状況を具体的に言い表すならば、引っかかりを感じる、圧迫感がある・・・などではないでしょうか。

こうした状態の背景には、物理的なものだけでなく、心理的な要因も絡んでいると見られています。

② 喉がイガイガする原因は・・・

(1)乾燥している

寝ている間に部屋が乾燥していることに一因があります。乾燥し、体の潤いが減少することで咳き込む。

咳を繰り返すことで炎症が起こり、イガイガする状態を引き起こします。

(2)空気中の塵(ちり)など

喉は、非常にデリケートな器官です。

空気中に飛散している塵などが、口からの呼吸をすることでダイレクトに喉の粘膜に異物として入り込み、ウィルスや粉塵が炎症を引き起こします。

(3)気管支が弱っている

気管支が弱っていることで、気管支内の薄い粘膜の部分がむくみを引き起こし、気管支自体が刺激に非常に敏感な状態になります。

気圧の変化や、朝夕の寒暖差などで咳き込みやすくなります。

(4)アレルギー由来

アレルギーの反応としても現れる可能性があります。

食べ物に反応する場合が高く、炎症がイガイガした状態を生み出すのです。

(5)慢性的な炎症

永年の習慣によりタバコや刺激の強い食べ物からの影響で、食道内の粘膜が炎症を引き起こすことも考えられます。

タバコ、アルコール、辛い食品、スパイスなど、食する量の過剰さで、イガイガした刺激を発してしまうこともあります。

③ 喉のイガイガの治し方

喉の粘膜が炎症を起こす。その刺激で咳が引き起こされ、喉がイガイガすることが分かりました。

では、その原因を改善のために役立たせるとして、どのようなことが出来るのかを見ていきましょう。

(1)生活改善

その1:乾燥を防ぐ

乾燥を防ぐために出来ること。そのひとつに、マスクの着用が上げられます。

マスクをすることで、口腔内や喉の湿潤がえられるのと同時に、空気中の粉塵からも喉を守る格好になります。

その2:鼻からの呼吸にする

口からの呼吸にすると、吸い込んだ空気が直接、気管や気管支を通るので乾燥してしまう状態にしてしまいます。そして、ウィルスなどの影響を受けることにもつながります。

鼻からの呼吸に変えると、鼻毛が空気を濾過する状態になり、吸い込む粉塵やウィルスの影響から守ります。同時に、直接吸い込む空気でカラダの中が冷やされるのを防ぎます。

また口呼吸が日常化してしまっている人は、他の病気の原因にもなるので、いち早く治すことをおすすめします、口呼吸の治し方については下記の記事で詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください。

その3:刺激の強い食品を避ける

緑茶やコーヒー、紅茶など、カフェインの強い食品や唐辛子などの刺激が強い食品は、喉が痛む時は避けた方が良いでしょう。

刺激物は、粘膜が炎症を起こす引き金になります。

その4:専門家に委ねる

炎症の自覚はあったとしても、どのような対処をしたらいいのかわからない場合もあります。炎症が慢性的になっているなら尚更です。

自己判断せず、耳鼻咽喉科での診断を仰ぎましょう。

場合によっては、体の違う部分からの連動した痛みや病のサインである場合があります。長引くようなら、専門家に相談しましょう。

(2)食生活から治す

原因を知り、対処法を見つけたとして、改善していったとしたって油断は禁物です。特に、粘膜は空気中の粉塵などに混じるウィルスには弱いもの。

出来ることなら日頃から丈夫になるような工夫をしておく方がいいでしょう。

その5:レンコン、節レンコン

泥の中で育ったレンコンは、体を温め喉にいいとされています。全体に丸い形のレンコンが泥レンコン。節がついているものだと効果も高いので、節付きのレンコンを選びましょう。

生のまますりおろし、その汁を飲みます。大さじ一杯程度でも、効果はあります。

直接飲むことに抵抗があるならば、みそ汁などの飲み物に加えるといいでしょう。

最近は粉末になっているものも市販されてるので、簡単に摂取することができます。

その6:大根ハチミツ

大根をサイコロ大に切り、広口の瓶に7割ほど入れます。その大根にひとつまみほど塩を振り入れ、大根と塩を絡めます。

すると、すぐに水が出て、しっとりとしてきます。

次に、その瓶の中に大根が浸るほどにハチミツを入れます。またすぐに大根から出た水で水量が増えてきます。

ハチミツが溶け、大根から出た水気と混じったエキスが出来上がります。そのエキスをそのまま飲んでも良いですし、薄めて飲んでもかまいません。

咳止めとして、かなり有効です。

まとめ:「喉のイガイガの治し方6つの方法」

いかがでしたか?「喉のイガイガの治し方」をテーマにご紹介させていただきました。

最後にもう一度6つの方法について確認してみましょう。

その1:乾燥を防ぐ

その2:鼻からの呼吸にする

その3:刺激の強い食品を避ける

その4:専門家に委ねる

その5:レンコン、節レンコン

その6:大根ハチミツ

こうして、イガイガする時に咳き込むことを極力抑えながらも、日頃からの心がけで喉を強くしたり、空気中の粉塵から身を守ることによって快適な日常をつくっていきましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう