妊婦の風邪の治し方!お腹の赤ちゃんにも安心な4つのポイント

妊婦の風邪の治し方!お腹の赤ちゃんにも安心な4つのポイント

今回は妊婦の風邪の治し方についてご紹介します。妊娠してから出産まで、約10月10日かかるといわれています。その間、妊婦さんはもう一人の生命を体に宿しています。一人の生命が体の中にあり、その命は日々成長しています。

その為、妊婦さんの身体は普通よりも敏感になったり、普段の生活でも気を付けていかないといけない事がたくさんあります。

特に薬などはおなかの胎児に影響がある為、特に気を付けないといけない事になります。

それでは妊婦さんが風邪になった時の治し方や対処方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

妊婦の風邪の治し方!お腹の赤ちゃんにも安心な4つのポイント

① 風邪の症状

一般的に風邪の症状はいろいろあります。初期の症状としては、風邪薬のCMでもよく流れていますが、鼻、のど、発熱です。

これは、空気中にいる微生物(ウイルス)が、鼻やのどに入りウイルスが粘膜から感染して炎症を起こすために現れます。

呼吸器は常に外気に触れているため、外からのウイルスや細菌などが入らないように粘液で異物を付着させて、外へ排出させるという感染防御システムが私達の身体を守っています。

●排出

ウイルスが感染し、増殖をするのを外へ出そうとして、鼻水、くしゃみ、せきなどが起こります。

●腫れる

ウイルスが感染し、炎症を起こる事で、鼻づまり、のどの痛み、リンパの腫れなどがおこります。

発熱は、ウイルスが感染し炎症が起こっているのを自分自身で守ろうとする免疫機能、体温調節中枢を刺激して起こります。

風邪は万病のもとという事もあるくらい、風邪から2感染や合併症などが発生することもあり、風邪をこじらすと重症になる場合もあり気を付けないといけない病気です。

② 風邪が起こる原因は

風邪はウイルス感染により発生します。

風邪をひいている人の近くにいるとどうしても空気感染でうつりやすくなります。身体が弱っている時は、特にかかりやすくなります。

過労やストレスといった疲れやすい症状の人は、身体の免疫力が弱っている為、ウイルスが入ってきた場合に、感染防御システムが弱っていてうまく働かないからです。

妊婦の人は、特にウイルスに対する免疫細胞が低下しているため、風邪にかかりやすい身体になっています。

③ 妊婦の風邪の治し方

妊娠中の方は、薬を服用するとおなかの胎児に影響がある場合があり、ご自身で判断して風邪薬を使用することは危険なので、おすすめできません。

お薬を服用する場合は、かかりつけの産婦人科に相談される事をおすすめします。風邪になった場合は、よく休息を取る事が必要です。

初期の風邪などは、身体の抵抗力が弱っているので、栄養がある食事と十分な睡眠で、身体の抵抗力が回復して自然治癒する場合もあります。

発熱などある場合は、汗をしっかり拭きとって身体が冷えないようにする事も必要です。

④ 風邪になる前に、予防方法

風邪になってしまってからでは遅いので、風邪にかからないようにまず予防をしっかりしましょう。

その1:人ごみの多い所への外出はさける

妊婦さんの場合、他の人よりも身体の抵抗力が弱っています。人ごみはいろんなウイルスがあり、感染しやすくなっています。

なるべくこのような場所には近づかない、どうしても行く必要がある場合は、マスクなどをして予防することが必要です。

その2:うがい、手洗いなどをしっかりとする

うがいは、のどに入ったほこりやウイルスを洗い流してくれます。のどや鼻以外にも手すりなどを触った手にもウイルスがついている事があります。

手洗いもしっかり行う事で予防になります。

その3:栄養のある食事と十分な睡眠をとる

栄養が偏った食事や、睡眠がとれていないと疲れやすくなったり、身体の抵抗力がよわってしまいます。

妊婦の方は、栄養が胎児の方にいく為よりしっかりとして食事管理が必要になりますし、

身体の抵抗力は普通の人より落ちています風邪にかかりやすくなっている身体という事を自覚して、規則正しい生活を送る事が大切です。

その4:身体を冷やさない

妊婦の方は特に体を冷やす事によって胎児にもよくない影響があるといいます。普通の状態でも身体を冷やすと血行が悪くなる、身体の抵抗力が落ちる、風邪をひきやすくなるので身体をひやす事は風邪をひきやすくなります。

ご自身の身体と相談しながら、室内温度をコントロールして感染しにくい環境をつくる事も風邪を予防するのに大事です。

まとめ:「妊婦の風邪の治し方4つのポイント」

いかがでしたか?「妊婦の風邪の治し方」をテーマにご紹介させていただきました。

最後にもう一度4つのポイントについて確認してみましょう。

① 風邪の症状とは

② 風邪が起こる原因

③ 妊婦の風の治し方

④ 風邪になる前に、予防方法

妊婦の風邪の治し方というタイトルですが、妊婦の方でも風邪の予防については普通と基本的には変わりません。

ただ妊婦の方は、風邪をひきやすい身体という認識、また風邪を引いた場合重症化すると自分だけでなく胎児にも影響があるので、より注意していただく事が必要になります。

十分な睡眠や栄養ある食事をしなどをして、自然治癒で治らない場合には、病院での診察をする事をおすすめします。

風邪と一言でいっても個人差があります。

自然治癒で治ればいいのですが、重症化しない為にも、ひどい場合やいつもと様子が違う場合は早めの受診をしましょう。

また、薬の服用は、自己判断でなくかかりつけの産婦人科に相談される事をおすすめします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう