急いで歯医者に行こう!虫歯の放置があまりにも危険な5つの理由

急いで歯医者に行こう!虫歯の放置があまりにも危険な5つの理由

今回は虫歯を放置してはいけない理由についてご紹介します。誰もが一度は経験したことのある虫歯。しかし「歯医者さんに行かなきゃ」と思ってもなかなか足が向かなかったり、歯医者さんに通うことが嫌で虫歯を放置してしまった、なんてことはありませんか?

実は虫歯を放置しておくことはとても危険なのです。

なぜ放置してはいけないのか、また放置してしまうとどうなってしまうのかをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

急いで歯医者に行こう!虫歯の放置があまりにも危険な5つの理由

① そもそも虫歯って何でなるの?

ほとんどの人は一度は虫歯になったことがあるでしょうが、なぜなってしまうのでしょうか?

虫歯は口の中にいる虫歯菌が歯を溶かして穴を開けていく「口の中の病気」です。虫歯菌は誰もが口の中に持っており、その虫歯菌は口の中の歯垢をエサにして活発に活動し、歯に穴を開けてしまいます。

ただ、歯の表面というのは「エナメル質」というダイヤモンドよりも硬いものでできているので、そう簡単に穴は開きません。しかし食事をすると口の中が酸性になり、歯が溶けやすい状態になります。

その時に虫歯ができやすいのです。虫歯は「虫歯菌」「歯の質」「食生活」などが関係してなります。

では虫歯になってそのままにしておくと、どんな危険が起こってしまうのでしょうか?

② 虫歯が進行すると歯がしみる、痛みが出る

虫歯になって歯に穴が開くと歯の中にある神経に近いところが表面に出てきます。すると冷たいものや温かいものの刺激を敏感に感じ取り、中の神経に伝えるため「歯がしみる」ということが起こります。

そしてさらに進み、虫歯菌が神経まで到達すると何もしなくても「ズキズキとした痛み」が出てきます。

そうなると痛み止めを飲まないと治まらず、ひどい場合は飲んでも治まらないという状態になります。仮に痛みが治まっても一時的なものなので、治療をしないと痛みから解放されることはありません。

また虫歯が進行するにつれて口臭も引き起こします。

この場合はどれだけ歯みがきをしても原因が除去されるわけではないため、治療をしない限りは口臭が続きます。

③ 大きな虫歯になると歯が溶けてなくなってしまう!?

虫歯菌が歯を溶かしてしまうため、虫歯になって歯に穴があいていくのですが、どんどん大きくなると歯の頭の部分が完全に溶かされてしまい、放置すると根だけが残る状態にまでなってしまいます。

そうなると歯を残す治療をすることができず、抜いて入れ歯やブリッジなど歯を補う治療が必要になります。

このように治療が大変になるだけでなく、そこまで進行した頃には咬むところが減ってしまうためしっかり咬めない、かみ合わせのバランスが崩れてしまうため頭痛や肩こりを引き起こしてしまう、という症状も現れます。

また、歯はよりどころを求めて少しずつ移動するため、歯の頭がなくなったまま放っておくと、本来咬み合っている反対の歯が咬み合うところを求めて延びてきたり、隣の歯が接するところを求めて倒れこんできます。

そのためいざ治療しようとした時に、歯を補うために周りの歯もたくさん削って治療をしないといけなかったりと大掛かりになります。

大きく穴があいたり、歯の頭がなくなってしまったとしても、早めに治療しないと後で治療をしようとした時に大変です。

④ 虫歯菌が顎の骨の中に入ってしまう

虫歯が進行して虫歯菌が神経の中に入り込むと顎の骨の中まで入っていってしまいます。すると顎の骨の中で炎症を起こし、「骨髄炎」を引き起こしてしまいます。

激痛だけでなく、全身がだるい、発熱などの症状が出ます。そして顎の骨を腐らせていき、膿みも出てきます。

そうなった場合、歯茎を切って腐っている顎の骨を取らないといけなくなってしまいます。

全身麻酔をして行ないますので虫歯の治療よりもかなり大掛かりになります。

⑤ 虫歯菌が全身疾患を引き起こす!?

歯茎や歯の神経には血管が通っていますので、虫歯菌が神経の中に入り込むと、そこから血管の中に虫歯菌が入り込みます。

すると血管を通って虫歯菌が全身に行き渡るため、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまうこともあります。

他の様々な全身疾患にも影響を及ぼすと言われていますので、「虫歯は口の中だけの病気」と甘く見みてはいけません。全身に大きく関係するため、早めに治療することが大切になってくるのです。

まとめ:「虫歯の放置が危険な5つの理由」

いかがでしたか?「虫歯の放置の危険性」をテーマにご紹介させていただきました。

最後にもう一度5つの理由について確認してみましょう。

① そもそも虫歯って何でなるの?

② 虫歯が進行すると歯がしみる、痛みが出る

③ 大きな虫歯になると歯が溶けてなくなってしまう!?

④ 虫歯菌が顎の骨の中に入ってしまう

⑤ 虫歯菌が全身疾患を引き起こす!?

このように虫歯を放置しておくと何1つ良いことはなく、放置する時間が長ければ長い程危険なことになるのです。

虫歯は一度なると自然に治ることはありません。

歯医者さんで治療を受けなければ治らない病気です。

穴が開いていることに気づいたり何か症状がある場合は、すぐに受診することをおすすめします。

また虫歯菌が全身疾患の原因にもなってしまうため、病気にならないためにも、虫歯予防・治療はとても大切といえます。

健康でいるためにも虫歯がないか定期検診を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう