赤ら顔の原因「毛細血管拡張症」の治し方!赤みのない美しい肌へ!

「顔の赤み」を何とか治したい、でも何をしても改善しない…

そんな赤ら顔にずっと苦しんでき人に一度考えて欲しいのが、「毛細血管拡張症」の可能性です。

  • 頬がリンゴのように赤い
  • ちょっとした刺激ですぐに皮膚が赤くなる
  • 赤面しやすい
  • 肌から血管が浮き出ているように見える

このような症状があるとしたら、あなたは毛細血管拡張症かもしれません。

もしそうであるなら、毛細血管拡張症に効く特有のケアを行うことで、赤ら顔は必ず改善されていきます。

この記事では、毛細血管拡張症の原因と治し方をご紹介します。

毛細血管拡張症とは?

私たちの肌の下には、たくさんの毛細血管が存在していて、この毛細血管が拡張と収縮をすることで、肌表面の温度を調整しています。

しかし、何らかの原因で、これらの毛細血管が拡張したままになってしまうのが「毛細血管拡張症」です。

毛細血管拡張症になると、顔が赤いままになったり、ひどくなると毛細血管が浮き出て見えてしまうこともあります。

命に関わるような深刻な病気ではないものの、見た目に目立ってしまうため、外見上の問題で本人を深く悩ませる症状です。

毛細血管拡張症の原因

では、毛細血管拡張症はどうして起きるのでしょうか?

次のような要因が一因となって発症すると考えられています。

皮膚が薄い

毛細血管は皮膚の階層の「真皮(しんぴ)」に密集していて、本来はその上にある「表皮(ひょうひ)」にカバーされています。

ところが、表皮が薄いと肌を守る力が弱くなり、気温や摩擦などの外部刺激を受けやすくなります。

すると、毛細血管の収縮のコントロールがうまくいかなくなり、毛細血管拡張症となるケースがあるのです。

さらに表皮が薄いと、その分真皮に存在する毛細血管が透けて、外から赤く見えやすくなってしまうのも大きな問題です。

赤ら顔の原因「毛細血管拡張症」の治し方!赤みのない美しい肌へ!

肌に赤みが出やすい人は、多かれ少なかれ皮膚が薄い傾向にあるので、これ以上皮膚を薄くしないための工夫が必要です。

寒暖の差が激しい

外気の寒さが厳しい地域に住んでいたり、室内外を頻繁に行き来することが多い場合、その寒暖の差に毛細血管が付いていけなくなることがあります。

毛細血管の拡張と収縮を短時間で何度も繰り返すうちに、徐々に収縮する力が弱くなって、拡張しっぱなしになってしまうのです。

北部地方では子どものほっぺたがリンゴのように赤くなることがありますが、これは寒暖の差による毛細血管拡張症といえます。

アルコール・刺激物の摂り過ぎ

アルコールや唐辛子・スパイスなどの刺激物も、毛細血管を拡張させる働きがあります。

飲んだり食べたりすると、「顔がカッと真っ赤になる」感じのするものは毛細血管を広げる作用があり、過剰に摂り過ぎると毛細血管拡張症の原因となります。

血管の老化

年々、肌の赤みが強くなってきた場合は、毛細血管が老化していることが考えられます。

若い頃は十分に拡張収縮を繰り返すことができていたのに、加齢とともに血管が老化して、収縮する力が弱まってしまった状態です。

血管が老化し収縮する力が弱まると、血液の流れが悪くなり、どうにか必要な血液を流そうと、血管は拡張してしまいます。

精神的な緊張が強い

肌の疾患である「毛細血管拡張症」と、精神的なものに由来する「赤面症」は、根本的には別のものです。

しかし、毛細血管拡張症による赤みが出やすい体質が引き金となって、顔の赤みを過度に気にするようになり、結果として赤面症を発症してしまうことがあります。

すると、ちょっとした緊張や動揺で血管が拡張しやすくなり、さらに毛細血管拡張症がひどくなるケースもあるようです。

対人恐怖症にもつながりかねない赤面症は、とても苦しい疾患ですが、毛細血管拡張症を治療することで赤みが気にならなくなり、赤面症も治癒する場合もあります。

以上が、毛細血管拡張症の原因です。ここからは、具体的な治し方をご紹介します。

赤みを薄くするスキンケア方法

毛細血管拡張症をケアする上で必要なのは、「皮膚を薄くしない」という考え方です。

肌は、さまざまな刺激によりダメージを受けて、薄くなっていきます。

肌に刺激を与えないように、毎日のスキンケアでは次のようなことに気を付けましょう。

肌をこすらない

物理的に肌をこすってしまうと、肌の表面がはがれて、皮膚が薄くなってしまいます。

特に、クレンジング・洗顔時は注意してください。

クレンジング・洗顔のコツ

クレンジング剤や洗顔料が肌に付いている状態でこすってしまうと、メイクや汚れだけでなく、肌の表面までこすり落としてしまうことがあります。

クレンジング剤は「多いかな?」と思うくらいたっぷり使って、肌への摩擦を最小限にします。洗顔料はよく泡立てて、泡で転がすように洗いましょう。

また、できるだけメイクの回数を減らし、クレンジングの頻度を少なくすることも、皮膚を薄くしないために大切なことです。

さらに普段使う洗顔料は、「スクラブ入り」や「ピーリング」のものは控えましょう。

本来は、肌表面の不要な角質をはがすために効果的ですが、肌が薄い毛細血管拡張症の人にとっては逆効果になってしまいます。

化粧水のパッティングはNG

また、洗顔後にスキンケア化粧品を塗るときにも、「丁寧にやさしく」を心掛けてください。

パッティング(コットンや手で叩き込むように化粧水を塗ること)はせず、こすらずそっと手で押さえ込むようにして塗ると良いでしょう。

それと意外に多いのが、顔を無意識に触ったり、かいてしまう癖がある人です。些細なことですが肌の刺激になるので、意識してやめるようにしましょう。

紫外線対策をしっかりする

紫外線を浴びると肌はダメージを受けて、厚みのある健康な肌を生成できなくなってしまいます。

一年間を通して、紫外線対策はしっかり行いましょう。

外出時は、冬や曇りの日でも油断せずに、日焼け止めを塗るようにしてください。

特に日差しが強い日には、日傘や帽子を併用して、紫外線から肌を守りましょう。

常にうるおいをたっぷり補給しておく

外部刺激に強い肌を作るために欠かせないのが「うるおい」です。

ひたひたのうるおい膜に包まれた肌なら、同じ外部刺激を受けても、バリア機能のおかげでダメージを少なくすることができます。

赤ら顔の原因「毛細血管拡張症」の治し方!赤みのない美しい肌へ!

洗顔後は、すぐに化粧水やクリームで、肌の中にたっぷりのうるおいを補給するようにしましょう。

プランクトンエキス(海洋性エキス)配合の化粧水を使う

たっぷりうるおいを補給するために、どんな化粧水を使うかは重要です。

同じ化粧水を使うなら、うるおいを補給しつつ、毛細血管拡張症のケア成分も配合されているものを選びましょう。

血管拡張を改善する注目の成分としては、「プランクトンエキス」がおすすめです。(プランクトンエキスは「海洋性エキス」と呼ばれることもあります。)

プランクトンエキスは、海の中に生息する微生物由来のエキスで、血管拡張を改善してくれる働きがあります。

実際に、短期間で赤みが軽減したという実験データもあり、赤ら顔ケアにはとても相性の良い成分です。


画像引用:白漢しろ彩

赤ら顔専用のおすすめ化粧水

プランクトンエキス(海洋性エキス)が配合されている化粧水の中でも、「白漢しろ彩」は特におすすめです。

毛細血管の拡張による赤ら顔を、専門的にケア・改善するために開発され、実際に利用者の中には「10日で赤ら顔が軽減した」人もいるようです。

さらに、「アルコール」や「香料」などを一切使用していない無添加で、敏感肌の人にも安心して使えるよう、皮膚科医が厳しくチェックしています。

また、レーザー治療や病院へ通うことを考えると断然お得な価格で、少量でも染み渡るのでコストパフォーマンスが高いことも魅力です。

公式サイトから注文すると今なら送料無料に加えて、60日間の返金保障もついてくるので、気になる人は売り切れる前に早めにチェックしましょう。


>>「白漢しろ彩」公式サイト<<

ビタミンK配合のクリームを使う

化粧水を塗った後は、クリームでうるおいに蓋をしましょう。

数あるクリームの中でも、毛細血管拡張症に効果があるといわれるのが「ビタミンK」を配合したクリームです。

ビタミンKは、滞った血流の流れを改善して、スムーズに血液が流れるように導く作用があります。

実際に、美容皮膚科で毛細血管拡張症を相談すると、ビタミンK配合のスキンケア化粧品を案内されることがあります。

美容皮膚科を受診しなくても、ネット上でもビタミンK配合クリームは購入可能です。

→赤ら顔にビタミンKクリームはこちら

毎日の生活で工夫したいこと

血管の老化を防ぐ抗酸化成分を摂る

「活性酸素」は、触れたものを強力なパワーで酸化させてしまう老化物質です。

実はこの活性酸素は、肌だけでなく、毛細血管の老化にも深く関係しています。

活性酸素と血管の老化の関係

血管の拡張収縮を調整する働きを「内皮機能」と言い、血管の内側に存在する「内皮細胞」がこの機能を担っています。

そして、そんな内皮細胞を攻撃して傷付けるのが、「活性酸素」です。

活性酸素によって攻撃を受けた内皮細胞は、しなやかさを失い、スムーズに血管の拡張収縮ができなくなっていきます。

すると、顔の血液が滞り赤く見えてしまうのです。

抗酸化成分が豊富な食べ物を摂ろう

活性酸素から毛細血管を守るために、活性酸素に対抗する「抗酸化成分」の含まれた食べ物をたくさん食べましょう。

抗酸化成分と、それが含まれる食べ物には、次のようなものがあります。

  • アントシアニン(ブルーベリー、ブドウ、カシス、ナス)
  • ルテイン(ほうれん草、ブロッコリー、ケール)
  • アスタキサンチン(鮭、カニ、イクラ)
  • ビタミンC(レモン、キウイフルーツ、柿、イチゴ)
  • ビタミンE(あん肝、うなぎ、たらこ、アボカド、アーモンド)

アルコール・刺激物は避ける

食べた後に汗が噴き出したり、顔に血がのぼる感じがしたりするものは、毛細血管拡張症を悪化させる一因となります。

次のようなものは、摂り過ぎに十分注意してください。

  • アルコール
  • 唐辛子
  • スパイス
  • からし
  • わさび
  • こしょう

どうしても摂りたい場合は、1週間に1度程度に控えて、連日摂り続けることのないように気を付けましょう。

自律神経を整える

毛細血管の拡張収縮の指令を出しているのは、「自律神経」です。

そして、自律神経の調子に大きな影響を与えているのが、「精神状態」です。

特に、ストレスや緊張は一気に顔の毛細血管を拡張させる作用があります。

また、自立神経が乱れると、指令がうまくいかなくない、毛細血管が拡張したままになることもあります。

そんな自律神経を整えるためには、心身のストレスを排除して、リラックスして毎日を送れるようにすることが大切です。

腹式呼吸で心のバランスを整える

心をリラックスさせ、バランスを整える上でとても有効な方法が「腹式呼吸」です。

やり方はとても簡単です。

  1. 三つ数えながら鼻から吸う
  2. 六つ数えながら口から吐く

これを10回ほど繰り返しましょう。

この深い呼吸を繰り返すことで、横隔膜に密集している自律神経が刺激され、バランスが整っていきます。

いつでも、どこでも、腹式呼吸はできます。ふと気付いたときに、どんどん実行しましょう。

また、毛細血管拡張症について調べている人の中には、精神的な緊張からくる「赤面症(赤面恐怖症)」の人も多いでしょう。

つらい赤面症も、腹式呼吸で自律神経を整えることで改善するケースが見られます。ぜひ、腹式呼吸を習慣化してください。

睡眠時間を十分に確保する

睡眠不足は体にさまざまな悪影響を与えますが、自律神経のバランスも睡眠不足で大きく狂うことが分かっています。

必要な睡眠時間は人によって異なりますが、6~9時間程度は確保するようにしましょう。

朝起きたときに「よく寝た~!」とスッキリ起きられる時間が目安です。

また、なかなか寝付けない日にも、そのまま夜更かしせずに、部屋を暗くして目をつぶり横になってみましょう。

その状態で腹式呼吸を行えば、寝入ることができなくても自律神経のケアにつながり、繰り返すうちに、いつしかスッと自然に眠りに入れるようになっていくはずです。

ちなみに、もしあなたが不眠症気味の場合は、こちらの記事も参考になります。

→不眠症の原因を知って、安眠を実現させる25の方法

寒暖の差を少なくする

寒い季節は、できるだけ寒暖の差をなくすように努力が必要です。

外気に肌をさらさないように、工夫しましょう。肌をカバーするために、

  • マフラー
  • マスク

が役立ちます。

また、目の下まですっぽりとカバーできるタイプのネックウォーマーも便利です。

赤ら顔の原因「毛細血管拡張症」の治し方!赤みのない美しい肌へ!
画像引用:Amazon

逆に、夏期に顔がほてって熱く感じる場合は、うちわや扇子を持参して、顔を涼しく保つようにしましょう。

首もとを冷やしたタオルなどで冷やせば、顔へ流れる血液を冷やすことができます。

最終手段!レーザー治療

医療レーザーで不要な毛細血管を壊す

毛細血管拡張症に高い効果が見込めるのが、クリニックで行うレーザー治療です。

レーザー治療は、美肌・シミ消し・ほくろ取り・脱毛……とさまざまな用途に使われていて、各ターゲットに合わせた波長のレーザーを用いることで、

  • コラーゲンの生成を促進する
  • メラニン色素を破壊する
  • 毛根を破壊する

などの、狙った効果を得ることができます。

このレーザーを利用して不要な毛細血管を壊し、赤みの原因を根本的に除去するのが、レーザーによる毛細血管拡張症の治療です。

仕組みとしては、毛細血管の破壊に適した波長のレーザーを当てると、レーザーの熱エネルギーが血管に伝わり、毛細血管を焼き固めて凝固させることができます。

ただし、とても理想的な治療方法に思えますが、デメリットとして次の三つの点が挙げられます。

  1. 自費診療の場合、費用が高額になる
  2. 治療時に痛みがある(輪ゴムをはじいた程度)
  3. 早く効果を出すためには、1ヶ月ほどのダウンタイム*を覚悟する必要がある

*施術してから日常生活が送れるまで回復するのにかかる時間

費用

一つ目の費用については、クリニックにもよりますが、1回あたり3〜5万円が相場となります。

また、1回で完治することはほとんどなく、3〜5回の回数が必要になるため、トータルでは10〜25万円程度の費用がかかることが多いようです。

なお、毛細血管が皮膚から浮き出ているほど重症な場合は、保険適用となるケースもあります。

痛み

二つ目の痛みについては、医療レーザー脱毛を経験したことがある人なら、そのときと同じ種類のもう少し弱い痛みと考えてください。

低出力にすれば痛みも少なくなりますが、その分、効果が薄れて施術回数が必要になります。

どうしても痛みに弱い人は、追加費用を支払えば麻酔対応をしてもらえる場合もあるので、確認してみましょう。

ダウンタイム

三つ目のダウンタイムですが、1回あたりの効果を高めるために高出力でレーザーを当てた場合、一時的に赤みがひどくなったり、部分的に赤紫色の内出血が出たりするケースがあります。

このようなことから、一般的には「1ヶ月程度」のダウンタイムをみておいたほうが良いといわれます。

また、レーザー照射後は、紫外線を浴びるのは厳禁となります。

紫外線を浴びてしまうと、肌が火傷を起こしたり、ひどいシミとなって色素沈着を起こしたりと、肌トラブルが起きる可能性が高くなるためです。

治療後は、クリニックで渡される日焼け止めを塗り、皮膚をガードしながら生活することになるので、アウトドアのレジャーに出掛ける直前や、紫外線の強い夏期は避けたほうが賢明です。

1ヶ月ほど室内に引きこもれる時期を選ぶようにしましょう。

なお、生活上それが難しい場合は、一回の効果は下がるけれども低出力でレーザーを行い、回数を重ねていく方法もあります。

良い主治医を探そう

他の方法を試したものの効果が見られず、レーザー照射を最後の手段として、望みを掛けている人もいるでしょう。

ぜひ、しっかりと説明をしてくれる良い主治医を探し、メリット・デメリットを考慮しながら、納得が行く形で治療を検討してくださいね。

まとめ

毛細血管拡張症は、見た目に目立ってしまうことで、悩みが深くなりやすい疾患です。

これまでいろいろ試したけれど、すぐに結果が見えず、苦しんでいる人もいるかもしれません。

それでも、一つずつ自分にできることから取り組んでいくことで、その悩みが解決する日はやってきます。

諦めずに赤ら顔ケアを始めてみましょう。


>>「白漢しろ彩」公式サイト<<

関連記事