スポンサーリンク

水菜の栄養|水菜の嬉しい7つの効能とおすすめ健康レシピ

食事療法

⑤ おすすめ水菜のレシピ

水菜をたっぷりたべられるのは、やはり、はりはり鍋です。

水菜のしゃきしゃきした歯触りを楽しめる程度に火を通すのが、おいしくいただくコツです。

(1)はりはり鍋

【材料】

・ぶたにく(しゃぶしゃぶ用)

・コブだし(塩と*福ナあじつけ)

・水菜・片栗粉

①ぶたにくに片栗粉をまぶし、出しでさっと湯がいておきます。

②鍋にだし汁をいれぶたにくをいれ、水菜はさっと火をとおしただけで食べるようにします。

好みで、ぶたにくを揚げに変えたり、鴨の胸肉の薄切りにかえたりします。片栗粉をまぶして湯がいておくことで、出しも濁らず、肉自体も柔らかくなります。

本来は、クジラの尾の身の薄切りですが、入手困難と思いますので他の肉に置き換えても充分おいしくいただけます。

普通の鍋のように、えのきや、豆腐などを加えても良いでしょう。

だし汁に入れる食べ方は上品でたくさん食べることが出来ますがすき焼き鍋に、だしは入れず、砂糖と*福フみの味付けで水分は水菜からでたものだけという食べ方のはりはり鍋もあります。

(2)水菜のサラダ

【材料】

・水菜(関西系のやわらかいもの)

・好みのドレッシング

水菜はその食感の良さから、なまで食べると歯触りも良く、ビタミンCもたっぷりとることができおススメです。

ドレッシングは、和風、中華風、洋風好みのドレッシングでみぶなは、独特の辛味と良い風味があり生で食べるとおいしくいただくことが出来ます。

まとめ:「水菜の栄養と7つの効能」

いかがでしたか?「水菜の栄養」をテーマにご紹介させていただきました。

最後にもう一度7つの効能について確認してみましょう。

その1:血栓防止、動脈硬化予防

その2:抗菌作用

その3:解毒機能強化、抗がん効果

その4:腸内環境を整える

その5:美肌効果

その6:免疫力を高める

その7:骨や歯が丈夫になる

水菜は伝統的な京野菜で、冬が旬の野菜です。ビタミンCを豊富に含み、また辛味成分アリルイソチオシアネートは、血栓防止、抗菌作用、抗がん作用など多くの効能を持っています。

食物繊維も多く、ビタミンC、E,βカロテンも含み、抗酸化作用もあり多くの効能があります。是非健康のために水菜を食べてみてください。


【兵庫県産】水菜【野菜詰め合わせセットと同梱で送料無料】【西日本産 無農薬・低農薬・特別栽培農産物】

タイトルとURLをコピーしました