お口の中からスッキリ爽やかな目覚めを実現!寝起きの口臭対策5つ

お口の中からスッキリ爽やかな目覚めを!寝起きの口臭対策5つ

今回は寝起きの口臭対策についてご紹介します。

朝起きた時に自分の口が臭い、または家族など周りの人から口臭を指摘されたことはありませんか?

口臭は相手に不快な思いをさせてしまいますし、自分自身でもとても気になりますよね。

何よりも一日の始まりに嫌な臭いを嗅ぐなんて気分よくありません。そんな寝起きの口臭が起こる原因はなにか?

どうしたら口臭がなくなるか、お伝えしていきます。これでお口の中からスッキリ爽やかに目覚めましょう!

スポンサーリンク

お口の中からスッキリ爽やかな目覚めを!寝起きの口臭対策5つ

① 口臭が起こる原因は?

寝る前に歯みがきをしているのに朝になると口臭がするのはなぜ?と疑問に思う人も多いでしょう。

口臭の原因には様々なものがあります。

ニンニクなど食べ物による臭いや、胃の調子が悪い時など全身的な要因もありますが、寝起きの口臭を引き起こす原因として多いのが「口の中のバイ菌」です。

寝ている時は唾液の分泌が起きている時に比べて減ります。そうすると口の中が乾燥し、バイ菌が繁殖しやすい状態・環境になります。

バイ菌の中には口臭の原因になるものもいますので、そういったことが寝起きの口臭の原因になっているのです。

② バイ菌のすみかになる汚れを落とす

口臭対策でいちばん大切になってくるのはやはり「歯みがき」です。

飲食をすると歯につく汚れの中にバイ菌が住んでいます。

寝る前にそのバイ菌のすみかになる汚れを落とすことが大切です。

ただ時間をかけて磨けば汚れは落ちるというものではありません。

汚れが溜まりやすい歯と歯茎の境目に歯ブラシを当てて、横に細かく動かすと効率よく汚れを落とすことができます。

また歯ブラシだけでは歯と歯の間の細かいところまで汚れを落とすことはできません。

歯間ブラシやデンタルフロスといった、補助清掃具で細かい部分の汚れを落としましょう。

バイ菌が繁殖しやすい寝る前に、できるだけきっちり汚れを落とすように意識してお手入れすることが大切です。

③ 舌の汚れを落とす

舌には舌苔(ぜったい)という汚れがつきます。これも口臭の原因になります。

舌を見た時に白いものがついていたりしませんか?それが舌苔です。この汚れを落とすことで口臭対策になります。

舌苔除去には舌専用のブラシが販売していますので、そういったもので後ろから前へブラシを動かし舌苔を落としましょう。

歯磨き用のブラシには繊維が固めのものが多く、舌には味覚を感じる細胞がたくさんありるのですが、それらを傷つけてしまいまう可能性があるので出来るだけ控えた方がいいです。

また、力を入れ過ぎず優しく汚れを取るようにしましょう。

④ マウスウォッシュなどの洗口剤を使う

口の中のバイ菌には様々なものがいて、汚れの中ではなく歯周ポケットとよばれる歯と歯茎の間の溝の中に住むものもいます。

そういったものも口臭の原因にもなるのですが、歯ブラシで落とすことができません。

そういったバイ菌にはマウスウォッシュなどの洗口剤で殺菌することで口臭の元を少しでも減らすことができます。

しかし全ての菌を殺菌することはできませんのでご注意下さい。

ただし、一言でマウスウォッシュといっても多くの種類のものが出ていて、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

歯科医院でしか売っていない「歯科専売品」で殺菌効果が高いものもありますが、まずは自分が無理なく使い続けられるものを選ぶことが大切です。

味や爽快感、刺激が強いものから弱いものといった、口の中に入れた感覚が色々ありますので自分の好みに合ったものを選びましょう。

また普段から唾液が少なく感じる人は、刺激の強いものを選ぶと余計に乾きやすくなってしまいますので、刺激の少ないものをおすすめします。

⑤ 日頃から唾液の量を増やしておく

唾液の量が少ないと口の中のバイ菌が繁殖しやすくなると先述しました。

また、唾液には殺菌作用があります。そのため少しでも唾液の量を増やしておくことが、バイ菌の繁殖を抑えるために必要です。

まずは、食事はよく咬んで食べましょう。よく咬むことによって、唾液腺という唾液の出口が刺激され唾液の分泌を増やしてくれます。

そのため1口30回は咬むことが大切です。また、口で呼吸をする癖のある人は口の中が乾燥しています。

そういった人は必ずといっていい程寝ている時も口で呼吸をしています。まずは意識的に口を閉じ鼻で呼吸をするようにしましょう。

口呼吸の治し方については下記の記事で詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください。

しかし、どうしても年齢や体質的なものが原因で口の中が乾きやすい人もいます。

そういった方には唾液の分泌を促進してくれる「オーラルジェル」というものが販売していますので、これを使用して唾液を増やすといいでしょう。

レモンや梅干しなど酸味のあるものを食べることも「クエン酸」の効果で唾液の分泌を促してくれます。

食べ過ぎると歯が溶けやすくなるため注意が必要ですが効果的です。

また、自分で唾液腺のマッサージをすると唾液が出やすくなります。

耳の下、顎の真下、顎の内側を首に近いところから顎先に向かって、と3カ所を指で押すことで唾液腺を刺激し出やすくなります。

毎日10回ずつで良いので続けましょう。

まとめ:「寝起きの口臭5つの対策」

いかがでしたか?「寝起きの口臭対策」をテーマにご紹介させていただきました。

最後にもう一度5つの対策について確認してみましょう。

① 口臭が起こる原因は?

② バイ菌のすみかになる汚れを落とす

③ 舌の汚れを落とす

④ マウスウォッシュなどの洗口剤を使う

⑤ 日頃から唾液の量を増やしておく

歯石がたくさんついているとバイ菌が住みやすい環境になるため歯医者さんで取ってもらうことも必要ですが、自身で口臭対策をすることは可能です。

口臭は口の中の環境が大きく関係して起こりますので口の中の健康のバロメーターの1つともいえます。

早速今日から始めて寝起きに「口が臭い」と言われないよう、健康なお口の中を目指してケアをしましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう