更年期に悩む女性の強い味方、高麗人参の持つ効果とは・・・!

更年期に悩む女性の強い味方、高麗人参の持つ効果とは・・・!

更年期障害、歳を重ねた女性なら誰しも耳にしたことがあるのではないでしょうか。多くの女性は50歳前後で閉経を迎えると言われ、その前後の期間を更年期と呼び、女性ホルモンの減少や低下によって心身共に不調が起こりやすくなります。

現在症状を抱えている方、またはこれから更年期に入る方も・・・自身の症状を把握し、対策を知ることで緩和され安心した生活が送れるようになるかと思います。

更年期の症状

更年期障害の原因は、女性ホルモンの減少や、環境による精神的ストレス、またその人自身の持つ気質や性格などが影響されると言われます。

ホルモンの関係による症状

生理不順や疲労感、関節痛や手足のこわばりなどがあげられます。

精神的ストレスや自律神経による症状

手足の冷えや動悸、顔のほてりやめまいなどがあげられます。

その他の要因による症状

疲労感や肩こり、頭痛や不眠などがあげられます。

更年期症状を緩和するための治療法

更年期による不調は全身のさまざまなところに現れます。年齢や症状には個人差があるので適した治療法を選択し、緩和を試みていきます。

女性ホルモン補充療法

減少していく女性ホルモンを飲み薬、貼り薬、塗り薬、注射等を用いて補充する治療法です。

医療機関で更年期障害と認められれば保険適用となり1か月1500円〜5000円程の治療費となります。

中でも注射による治療は、美容外科や皮膚科などではアンチエイジングとされ自費診療扱いになることが多いようです。

サプリメント

基本的にサプリメントは女性ホルモンを補充するものではなく、辛い症状を緩和させるものになります。病院で処方されるものにはエストロゲンというものが入った薬が多く、更年期サプリメントにはこのエストロゲンと酷似した大豆イソフラボンを配合したものが多くあります。

生活習慣の改善

睡眠不足や食欲不振は、自律神経の乱れやストレスに通じます。質の良い睡眠をとり適度な運動を心がけるなど生活習慣を見直すことで、更年期症状の不調が改善される場合があります。日常生活の中に、ハーブティーやアロマなどの自然療法を取り入れるのもおススメです。香りは自律神経やホルモンバランスの乱れを整える手助けをしてくれます。

更年期症状の緩和に効果的な高麗人参

高麗人参にはサポニンという成分が含まれています。サポニンは豆類をはじめとした植物に含まれ、美容と健康に効果があるとされています。

中でも、高麗人参に含まれるサポニンは特別に「ジンセノサイド」という名がつけられ、抗酸化作用が高く、活性酸素によるアンチエイジング効果や、血液をサラサラにする効果が期待できます。さらに、自律神経の働きを正常化する効果もあります。

自律神経の乱れや精神的ストレスから起こる、不眠やイライラ、不安症、身体のだるさなど更年期症状の緩和に非常に役立ちます。

40代からの更年期サプリ「高麗美人」

一般的に更年期は、閉経を迎える前後5年の期間を指します。年齢で言えば、50歳前後です。しかし、30代・40代半ばの女性でも若年性更年期障害と言われ、生理不順や不眠、手足の冷え、めまいなどといった更年期障害に似た症状が見られることがあります。

更年期障害を緩和するのに欠かせない成分であるサポニンに注目した「高麗美人」は、本場韓国でも希少で生産量が3%という、プンギ産6年根の紅参のみを100%使用した高品質なサプリメントです。女性ホルモンの減少を穏やかすることで、心身共に変わりやすい更年期をより過ごしやすくサポートする効果が期待されています。

>>高麗美人公式サイトへ<<

5年連続モンドセレクション金賞を受賞

お得な定期コースは、1か月に1袋2721円です。

また、2か月ごとに2袋お届けコースは、1袋当たり2570円です。

どちらも30日間の返品保障付きで送料無料です。1日2粒を目安に飲みます。

購入者の声

飲み始めて、2か月が過ぎました。朝から動き回れ、夕方になっても元気が続きます。通常2錠を4錠にして様子を見ています。今日はほぼ普段と変わらずに過ごせました。いつもハツラツとし、笑顔でいたいです。(RIO様 47歳)

年齢より若く見える女性になりたいと思っています。2袋目が終わるころから身体の中からほっこり気分になってきました。これから少しづつ楽になると嬉しいです。(さくら様 40歳)

まとめ

不眠や食欲不振、憂鬱な気分になるなど、更年期障害の症状は日常生活に支障をきたすこともあります。年齢と共に生じる女性ホルモンの減少を抑えることは簡単ではありませんが、

サプリメントや生活習慣の見直しが、より過ごしやすい時間を作ることにつながります。症状の種類や環境を考慮し、ご自身にあった対策を取り入れ緩和していくことが大切です。

関連記事