過食嘔吐の治し方!もう二度と食べて吐くを繰り返さない4つのケア

過食嘔吐の治し方!もう二度と食べて吐くを繰り返さない4つのケア

今回は過食嘔吐の治し方についてご紹介します。人間の基本的な欲求のひとつに「食欲」があります。本来ならば、命を保つため、長らえるために湧いてくる欲です。しかし、それにまた別の欲求が絡んでくると千差万別。

人の持つ欲によって、大きく現象が違ってきます。食事は、「食べる」という行為ですが、その行為がかえって命を脅かしかねない事にもつながる事もあるのです。

その中のひとつの現象として「過食嘔吐」があります。

それでは過食嘔吐の原因やメカニズム、危険性などにもスポットを当てて、自分でできる過食嘔吐の治し方についてご説明していきます。

スポンサーリンク

過食嘔吐の治し方!もう二度と食べて吐くを繰り返さない4つのケア

① 過食嘔吐って何?

「過食」して「嘔吐」する。つまり、たくさん食べたものを吐き出すという行為をいいます。なんらかの想いがあり、吐き出す事で安堵感を得るという精神的な欲求を満たす行為ととれるでしょう。

たとえば痩せたい思いがあり、その想いが強くなり限度を超えた欲求に至ったとします。

「食べたい思い」と「痩せたい思い」が激しく対立すると、食べたものを体内のとどめておくことが苦痛になり、場合によっては恐怖へと変わります。

その苦しみ・痛み・恐怖に耐えかねて、すぐさま吐き出してしまうのです。こうした一連の行為が一度で終わらず回数を重ねる、習慣化し、自分でのコントロールが利かなくなってしまいます。

この状態を摂食障害として悩みを訴える人にとって深刻な問題とされています。

② なぜ過食障害は発生するの?

人によって発端の出来事はさまざまでしょうが・・・

・ダイエット

・美意識への想い

・恋愛対象のへ意識

・認められたい願望の強さ

・・・などがあげられるでしょう。

人によって様々ではありますが、ひとえに精神的な負荷を持つことで自身の心のバランスを図っている行為ともとれます。

③ 過食嘔吐が与えるカラダへのリスク

食べたものを吐き出すことで、心の均衡(バランス)をはかる・・・とはいうものの、その現象を起こすのは、その人の体ひとつ。

たったひとつしかないその体で、体内の機能が激しく逆流を起こすというのは、想像するだけでもかなり大きな負担を負うのは容易に想像がつきます。

体の仕組みを解説しながら、「過食嘔吐」の現象を探っていくことにしましょう。

(A)食べたものを溜め置く「胃」という貯蔵庫

口から入って、咀嚼(そしゃく)して、食道を通って食べたものたちは「胃」に運び込まれます。

胃では、腸で行われる「消化」作業の前準備をするところです。

咀嚼(そしゃく)で細かく砕かれた食べたものをさらに細かくなるように撹拌(かくはん)し、消化酵素と絡め、腸へと送る状態にする器官です。

(B)食べたものを溶かす「胃酸」という存在

胃で食べたものを胃酸で溶かし、撹拌(かくはん)し、ドロドロな粥(かゆ)状態にして腸へ送ります。

その胃酸というのが「塩酸」でできていて強い酸性を有しています。その酸性で、胃の消化酵素「ペプシン」が分解するチカラを発揮できるのです。

通常であれば「胃」のなかで溜めた食物は、このように消化するために腸へと送られるスタンバイをしているのが通常の流れです。

口から胃までに入るには食道での筋肉の動き「ぜんどう運動」、胃から十二指腸へと送られる胃での「収縮運動」によって食べたものは運ばれていくのです。

その運動は、自律神経がつかさどっています。この一連の流れ真逆に働かせることで「嘔吐」に至らせるのです。胃の中でバランスを保たれていた強烈な胃酸の酸性が逆流することで口内を通り、カラダの外へと吐き出される。

「酸性」は、溶かすものなので、何度も同様の行為を繰り返すことで体内や口内の歯や粘膜、皮膚などにも深刻な影響を与えてしまいます。

④ 過食嘔吐をすることで一時的に得られると想われる心の安堵

誤解のないように大前提として「一時的に得られる精神的な安堵感」ということを最初に言っておきます。一時的に得られると思っているだけで、実際には何も解決にも至っていないという事実を理解していただきたいと思います。

それをふまえて「過食嘔吐」をして得られる心の安堵感を探ってみましょう。

太っている自分を認めたくない、こんな自分では認められない、今の状態で居たくないなど・・・現状の自分を受け入れられない精神状態をなんとか変えようと、切ない想いで自分を傷めつける行為。

これをすることで苦しみ、衰弱して、感覚を麻痺させてしまいます。

正常な判断から逸脱することで、心に安堵感を得ようとするのでしょうか・・・そもそも「食べる」という行為そのもので、不安やさびしさを満たしていく精神的な安堵感を得られます。

そのため、不安やさびしさを埋めるために食べ始めます。

甘いものほど心の充足感は高く、そのため精神的に求めれば求めるほど、体には栄養素として蓄えられていきます。栄養素として働く以上に蓄えられる食べ物の量が増えると過剰な養分として「倦怠感」や「肥満」として体に現れます。

しかし、心の安堵が得られても、体には望まない真逆の現象が現れます。それを打破するために、故意に吐き出して望む姿を取り戻そうとするのです。

⑤ 過食嘔吐の治し方

「過食嘔吐」を繰り返すことで結果的に得られるのは、深刻なダメージを受ける体です。それを繰り返し、一時は満足するものの最終的には衰弱した精神状態に陥ってしまいます。

どちらをとっても当人が幸せになるとは到底考えられそうにありません。

ひとつの過食嘔吐の治し方として、行為の常習化がみられるようになってから3年以内に専門の機関で治療をすると、比較的 早い目に健康な状態への回復を望むことが可能です。

それ以上の長い期間、「過食嘔吐」を繰り返すと回復までには複雑な道のりを歩む可能性が高くなります。

体だけの回復ができるならいいですが、精神的な要因も絡むため、自分一人では治癒に至ることは困難を極めることでしょう。それどころか、回復の兆しが見られず落ち込んでしまい、さらなる悪化を招く可能性が高くなります。

そうした可能性を見越して「カウンセリング」「内科の検診」それで足りなければ「精神科による治療」など、関わる機関の専門家の判断を仰いでください。続いて自分で出来るケアとしていくつかの方法をあげてみましょう。

(1)腹式呼吸

鼻から吸って、吸った空気をお腹に溜めるイメージして、3秒カウントした後、お腹の底から空気を残らず吐き出すようにゆっくり押し上げるように吐き出します。

これを繰り返すことで呼吸が深くなり、交感神経と副交感神経のバランスが整ってきます。気分的にも落ち着いてくるのが分るようになります。

不安が薄らぐことで、過食への衝動が幾分か抑えられるでしょう。

(2)自分と向き合うための「内観」

「過食」や「嘔吐」による代償で得ようとする心理的な安堵感は、人にもよりますが自分を認められない「自己否定」を埋める心理ともとれます。

なぜ、自分はダメなのか。なぜ、劣等感を抱いてしまうのか。。。過去の出来事の反応なだけで、実際には何ら劣っていない可能性が高いです。

自分自身は、評価に値しないのかどうか・・・よりも、自分はどのような分野で頑張っているのかを自己分析すると、

求められていることへの対応策や、自ら求める方向性の理解、ひいてはそれらの相性までもを見つめなおすことができるでしょう。

(3)人との付き合い方を自分優位に置き換える

意識の見直し自分自身を取り巻く人間関係が由縁で起こる「過食嘔吐」であるならば、自己評価の低さもあるでしょうが、他者への依存心の強さがうかがい知れます。

依存心が強いために、認められなかったら・・・と考えるだけで不安が募る。そういう場合は、自分自身が価値ある存在なのだということをまずは認識し、個々の尊重をすることによって対人での優劣による差を自ら埋めていく強さを育む必要があります。

(4)カラダの筋肉を使う意識を高める「ウォーキング」などの軽い運動

昔から「健全な肉体に健全な精神は宿る」といわれてきました。実際、筋肉を動かすことで神経系の伝達も活発になりますし、体自体の強度もしなやかさも増します。

精神的な強さも運動によって育まれるというわけですから、自らを傷つける行為を行うことに対して自分なりの見解や分析をすることが出来るようになってきます。

まとめ:「過食嘔吐の治し方4つのケア」

いかがでしたか?「過食嘔吐の治し方」をテーマにご紹介させていただきました。最後にもう一度4つのケアについて確認してみましょう。

(1)腹式呼吸

(2)自分と向き合うための「内観」

(3)人との付き合い方を自分優位に置き換える

(4)カラダの筋肉を使う意識を高める「ウォーキング」などの軽い運動

以上のように、考えられるいくつかの候補を並べてみましたが、他者から得る自分の評価ではなく、

自分が等身大の自分を見つめて得る「自分への意識」を高めて、社会に存在するに値する「自己容認」を高めていくことをおすすめします。決して慰みや励ましだけではなく、自分自身の「真価(しんか)」を見つめ直して本来の自分自身を知って頂きたいとせつに願います。

繊細な心と体には、人知れず、素晴らしい価値が眠っているはず。そうした宝物を腐らすことなく、傷めることなく、ひとりでも多く輝かせていただきたいです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう