顔の赤みは治せます!赤みが「スーッ」と消える魔法の美肌ケア

赤ら顔のケア

専門医による治療を受ける

肌の赤みの原因によっては、病院で診察を受け、医薬品を使って治療を行わないと赤みが引かないケースもあります。

自分では単なる赤ら顔だと思っていても、そこに何かしらの疾患が絡んでいる場合もあるからです。皮膚の病気の場合もありますし、内臓系の病気の場合もあります。その場合は、素人判断で自己流ケアを続けるのはとても危険です。

目安として、顔の赤み対策を開始した後、肌の生まれ変わりのサイクルである28日間を経過しても肌の調子が変わらない場合は、一度、皮膚科を受診してください。

「赤みくらいで病院を受診するのは恥ずかしい」と思うかもしれませんが、適切な診断を受けて、必要であれば早期に治療を開始することが、予後を良くする場合もあることを覚えておいてください。

赤面症なら心療内科へ

精神的な影響の大きい「赤面症」の人は、皮膚科ではなく心療内科や精神科を受診すると良いでしょう。

常に顔に赤みがあるのではなく、緊張したときなど、特定のシーンでだけ赤みが強くなる場合は、心をケアすることで解決に向かうことが多いからです。

緊張したときに顔が赤くなることは、おかしなことではありません。しかし、そのことを気にするあまり、社会生活の継続が困難な状態に陥っているのであれば、心のケアが必要です。

例えば、会社のスピーチが苦痛で会社を休んでしまったり、プレゼンテーションから逃げるために仕事をやめてしまったり……と、徐々に泥沼にはまるように、赤面症がひどくなる場合もあります。

このように、赤面することに強い恐怖感を抱いてしまう「赤面恐怖症」は、「社会不安障害(SAD)」という病気の症状のひとつとしても、知られています。

医師の診断の結果、そういった病気を発症している場合は、SSRI(抗うつ剤)や抗不安剤などを使って治療することで、悩みが解決に向かう場合もあります。

また、薬物治療に抵抗がある場合は、認知療法やカウンセリングなど、薬物を使用しない治療を希望することもできますので、よく医師と相談してみましょう。

まとめ

「顔が赤くなかったら、もっと楽しい人生のはずなのに…」。

そんな思いがあるとしたら、諦めずに顔の赤さに悩まされない人生を選び直してください。

確かに、1日2日で治るような簡単なものではありませんが、原因を探りながら一つ一つ対処を積み重ねていけば、赤みのない肌を手に入れることは十分にできます。

早速、自分に「ピン!」と来た対処法から、チャレンジしていってください。

白漢しろ彩
  • ROMO化粧品部門第1位
  • 敏感肌の人の93%が高評価
  • 最大20%OFF
  • 送料無料
  • 安心の30日間返金保証

PROMO化粧水部門で1位を獲得した赤ら顔専用化粧水。敏感肌の人93%から高評価を獲得し、赤ら顔に変化を感じたとの声多数の 今注目の化粧水です!

OIZ/オイズ PBジェル
  • スキンケアで特集された注目の美容液
  • 国内製造で高品質
  • 月間500本限定で、最大52%OFF!
  • 送料無料
  • 30日間全額返金保証

食品発酵のプロが開発し、医師監修の美容系情報サイト「スキンケア大学」でも特集されたイマ注目の発酵美容液。

アカラフォーミュラ
  • 皮膚トラブル専門家監修の赤ら顔専用美容液
  • リピート率80%
  • 赤ら顔で悩む人の必読書プレゼント
  • 最大15%OFF
  • 送料無料

食品発酵のプロが開発し、医師監修の美容系情報サイト「スキンケア大学」でも特集されたイマ注目の発酵美容液。

タイトルとURLをコピーしました