顔の赤みは治せます!赤みが「スーッ」と消える魔法の美肌ケア

赤ら顔のケア

顔の赤み・赤ら顔の原因とは?

「顔の赤み」「赤ら顔」と一言にいっても、その原因はいくつもあります。

まずは、顔の赤みにはどんな種類があるのかを知り、自分の赤みがどれに分類されるのかを把握しましょう。

(1)毛細血管拡張症

顔が赤く見える原因として、まず考えられるのが、「毛細血管拡張症」です。

これは、肌の奥にある「毛細血管」が拡張することで、赤みが強く見える症状です。

顔の赤みは治せます!赤みが「スーッ」と消える魔法の美肌ケア

本来、毛細血管は【拡張→収縮】の動きを繰り返しています。毛細血管が縮んだり広がったりすることで、毛細血管の中を流れる血液の量や速さを調整しているのです。

ところが、何らかの状態で、毛細血管が拡張したままになってしまった状態が「毛細血管拡張症」です。毛細血管の中には赤い血が流れていますから、これが拡張すれば、肌も赤みを帯びてみえるというわけです。

原因として考えられるのは、気温の差や心身へのストレスなどです。毛細血管をコントロールしている自律神経が乱れると症状が強くなると考えられます。

(2)酒さ

まるでお酒を飲んで酔っ払っているように、鼻やその回りが赤く見える場合は、「酒さ」の可能性があります。

「酒さ」は慢性の皮膚疾患の名前です。皮脂腺が異常発達することにより、その周囲に毛細血管が増殖することが原因とされています。

特徴としては、鼻を中心に赤みが出やすく、徐々に進行します。ひどくなると、鼻がまるで酔っ払っているように赤くなったり、さらに鼻の頭が膨れてコブのように大きくなったりします。

酒さの原因ははっきりわかっておらず、悪化すると完治させるのはなかなか難しいといわれています。早期に治療して症状が進行しないようにすることが大切です。

(3)脂漏性皮膚炎・脂漏性湿疹

「脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)」の症状でも、肌が赤くなります。これは誰しも皮膚に持っている「皮脂」と「カビ」が原因となって発症する疾患です。

皮脂がカビ(真菌)によって分解される際に炎症が起き、アトピーにも似た赤みのある湿疹が広がるのが特徴です。

カビ(真菌)が原因となっているため、通常のニキビや吹き出物と同じケアでは治すことができません。「抗真菌剤」で治療する必要があります。

(4)色素沈着

ニキビや肌荒れなどで肌に炎症が起きると、一時的にその周辺が赤くなります。これは本来なら、炎症の治癒とともに自然に引いていくものです。

しかし、炎症が長引くと肌の深い部分にまでダメージが残り、赤みが「色素沈着」となって残ってしまうことがあります。

ニキビや肌荒れができてしまったときは、できるだけ素早く炎症を鎮め、赤みが残らないようにケアすることが重要です。

(5)薄肌

肌が薄くなっている状態を「菲薄化(ひはくか)」といいますが、肌が薄いと肌が外部刺激のダメージを受けやすくなります。

すると、すぐに赤みとなって現れやすくなるのです。

外部刺激には、物理的な摩擦や紫外線のダメージ、気温の影響などがあります。

また薄肌の場合、もともと肌の奥にある毛細血管が透けて見えやすいことも、赤みが強く見える原因となります。

顔の赤みは治せます!赤みが「スーッ」と消える魔法の美肌ケア

(6)赤面症

赤面症は、精神的な緊張や動揺が、顔の赤みに直結してしまう症状のことです。

緊張や動揺があっても顔に出ない人もいますが、赤面症の人はもともと顔が赤く出やすい肌質や体質を持っています。

そこへ、「赤い顔」が原因で嫌な思いをしたことがきっかけとなり、顔が赤くなることを必要以上に恐れるようになってしまいます。

すると、自分に強いプレッシャーをかけてしまい、ちょっとしたきっかけで顔が真っ赤になる悪循環に陥ってしまうのです(これを「赤面恐怖症」と呼びます)。

赤面症は単なる皮膚の問題ではなく、心の問題が複雑に絡み合っており、苦しみの深い疾患です。

タイトルとURLをコピーしました