スポンサーリンク

偏頭痛の治し方!偏頭痛の原因と、一刻も早く緩和させる7つの対処法

体調不良の治し方

多くの人が体験したことがある寝起きの頭痛も、こうした原理によって発生しています。

偏頭痛を治す食べ物(栄養素)を摂ろう

サプリで薬に頼らない体つくりを

困ったことに、偏頭痛のズキズキは急にやってくることがほとんどですよね。

そんな突然の偏頭痛に悩まなくなるためには、日々の生活で栄養素に気をつけながら、体質を変えていく必要があります。

そこでおすすめなのが、ずきしらずの実というサプリです。薬に頼らずに偏頭痛を根本的に予防・改善するために開発されました。

頭痛予防に有効な自然系素材(マグネシウムや漢方成分など)が、偏頭痛体質から卒業するサポートをしてくれます。

実際に、偏頭痛のサプリのなかでも評判は良く、

  • 「飲み始めて鎮痛剤を持ち歩かなくなった」
  • 「一週間で頭の重みや、違和感が少なくなった」
  • 「サプリを飲むのを止めたら、また偏頭痛が起こった」

など、効果を実感している人も多いようです。

公式サイトから注文すると25日以内の返金保障もついてくるので、気になる人は是非チェックしてみましょう。

>>「ずきしらずの実」公式サイト<<

ビタミンB類

偏頭痛を抑え、改善していくために良い働きを持つ栄養素としては「ビタミンB類」が挙げられます。

実は、偏頭痛はどちらかと言うと肥満体質の人に多いと言われています。

これは体内の脂肪が酸化して過酸化脂質となり、それが頭部の血管の細胞を傷つけ炎症を起こすことによって偏頭痛が発生するためです。

これに対しビタミンB2は、過酸化脂質の生成を抑制し、結果として偏頭痛を予防する効果があります。

また、ビタミンB2やB6は自律神経の過剰な働きを抑える作用もあるため、自律神経の乱れによる偏頭痛を予防することも期待できるでしょう。

ビタミンB類を多く含む食材としては、レバーなどの内臓肉やマグロ、カツオなどの赤身魚、その他に豚肉、納豆、アボカド、牛乳などがあります。

ビタミンBはサプリメントからもほとんど副作用なく摂取することが可能です。

マグネシウム

偏頭痛を持っている人は、マグネシウムが不足しがちな傾向があるとも言われています。

マグネシウムは細胞内に存在する「ミトコンドリア」のエネルギー源になる栄養素で、ミトコンドリアは活性酸素や脂肪酸を分解する働きを担っています。

しかしマグネシウムが不足することでミトコンドリアの働きが悪くなり、炎症が起こりやすくなるため、それが偏頭痛を引き起こすことがあるのです。

現在偏頭痛に苦しんでいる人は、マグネシウムを積極的に摂取することで頭痛の改善が期待できるでしょう。

マグネシウムを多く含む食材としては、緑黄色野菜や大豆、玄米、ひじき、アーモンドがおすすめです。

これらの食材を日常的に十分に摂取することが難しい場合には、サプリメントから摂取をするのも良いでしょう。

カフェイン

カフェインの頭痛に対する鎮痛作用は古くから知られています。カフェインは脳の神経系に働きかけ、血管を収縮させる効果があるのです。

偏頭痛が起きている日は、コーヒー3〜4杯を目安に摂取すると良いでしょう。コーヒーに限らずカフェインの含まれる緑茶や紅茶なども効果的です。

ただし、同じ頭痛でも緊張型頭痛の場合は、カフェインの血管収縮作用によって頭痛が悪化する可能性があるので、絶対に摂取しないでください。

また、カフェインは摂りすぎてしまうと、吐き気や胃もたれなどの体調不良を引き起こす原因となるので、その点に関しても注意が必要です。

ハーブ

偏頭痛を治すには、ハーブ類を利用するのも有効な方法と言えます。

例えば、偏頭痛に対して効果的なハーブ類のうち、最も代表的なものはペパーミントです。

ペパーミントは血管収縮作用を持つとともに自律神経を鎮める作用もあり、まさに偏頭痛を治すのに適したハーブであるといえます。

ペパーミント以外には、フィーバーフュー(夏白菊)やオレガノにも自律神経を鎮める効果があるほか、炎症を抑える働きもあるため偏頭痛に対して大きな効果を発揮します。

また、ハーブを摂取する際にはアロマオイルなどではなく、ハーブティーで摂取するようにしましょう。

アロマオイルだとにおいが強すぎてしまい、神経を刺激し、かえって頭痛を悪化させてしまうことが考えられるためです。

漢方薬

漢方薬にはさまざまな種類のものがありますが、その中には偏頭痛に効果があるものもあります。

例えば、呉茱萸湯(ごしゅゆとう)は体内の血液の流れを正常化し、偏頭痛を予防する効果があるとされます。

ただし、この漢方は偏頭痛が起こっているときに、緊急で抑える効果はあまり期待できません。

もし偏頭痛をすぐに抑えたいときは、五苓散(ごれいさん)が良いでしょう。体内の過剰な水分を排出させ、偏頭痛などの頭痛の症状を和らげる効果があります。

特に、気圧など天候の変化によって引き起こる偏頭痛の人には、この漢方が有効です。

偏頭痛に効果のある「薬(市販薬)」を使う

偏頭痛を治すために多くの人が行っているのが、「薬(市販薬)を飲む」という方法かもしれません。

現在では頭痛に効果のある薬が数多く市販されるようになり、手軽に使用できるようになりました。

ただし、一般的に市販薬には「偏頭痛」に特化した効果を持つものはなく、神経に作用して痛み全般を和らげる鎮痛薬となっています。

ここからは、そうした偏頭痛に対して効果のある市販薬(鎮痛薬)についていくつか紹介をしていきます。

タイレノール

taire

頭痛を始めとするさまざまな痛みを鎮める効果のある鎮痛薬です。世界で最も広く使用されている市販薬でもあります。

鎮痛薬に多い胃痛などの副作用も少なく、子どもでも飲むことができる薬です。

バファリン

bafa

CMなどでもおなじみの、日本では最もメジャーな鎮痛薬です。抗生物質の元祖であるアスピリンを主成分としています。

偏頭痛などの痛みに対し非常に高い効果を発揮する反面、副作用も強く、15歳以下の小児に対しての服用は禁じられております。

ただし、小児用バファリンなら、15歳以下の子どもに対しても服用可能です。

ナロンエース

naron

1980年代に認可された比較的新しい鎮痛薬である、イブプロフェンを主成分とした市販薬です。

アスピリンに比べると副作用はやや穏やかで、また効き目も比較的早く効果を実感することができます。

ただし、かと言って副作用が全くないわけではなく、また15歳以下の小児への服用に関しても、安全性が必ずしも立証されていないため禁じられてます。

イブクイック頭痛薬

ibu

2006年に発売されたこの薬は、イブプロフェンを主成分とし、頭痛に対して特化した効果をもたらすように作られた新しいタイプの鎮痛薬です。

特徴としては、頭痛に対する作用に加え、胃粘膜を保護する成分が配合されており、副作用としての胃痛が起こりにくくなっております。

副作用としては眠気が発生する場合が多いため、自動車などを運転する前の服用は禁じられてます。また、15歳以下の小児に対する服用も禁じられています。

自分にあった薬を選ぼう

このように、さまざまな頭痛に効く鎮痛薬が市販されております。

ただし、薬との相性によって効果に個人差があり、成分なども人によっては効かない場合もあります。

また、一つの薬を長く使用することで体がその薬に対して耐性を持ってしまい、効果が得られにくくなることもあるので、その点を踏まえた上で使用するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました