スポンサーリンク

外反母趾の治し方!足の変形や痛みを自力で治す5つの方法

骨の痛み・歪みの改善方法

⑤ 最終手段としての手術療法

保存療法において効果が現われず、最終手段として手術を選択される場合が多いようです。

近年の外反母趾に対する手術の技術は進歩しており、局所麻酔にて行える日帰り手術も可能となってきました。様々な技法も考案されており、術後の経過も良好なものが多く見られます。

しかし、患者様自身の治療におけるメリットおよびデメリットの理解が必要となります。

メスを入れる訳ですから痛みも伴いますし、術後の生活で気をつけなければならないこと、手術を受ける上でのリスクなど、確認および理解が必要な事は保存療法に比べると多いでしょう。

始めから手術療法のみにこだわらず、担当医師や担当スタッフと相談して幅広く治療方法を選択して決定していきましょう。

まとめ:「外反母趾の治し方5つの方法」

いかがでしたか?「外反母趾の治し方」をテーマにご紹介させていただきました。

最後にもう一度5つの方法について確認してみましょう。

その1:ホーマン体操

その2:母趾外転筋の強化

その3:足の筋力強化

その4:足底板療法

その5:正しい靴を選ぶ

知っているようで知らない外反母趾。あらゆる影響が体に出てしまう、ちょっと怖い変形だということがお分かりいただけたと思います。

しかし、様々な治療方法があり症状も軽度であればセルフメンテナンスも可能です。

外反母趾でない方でも、足の指を鍛えることはとても大切ですから、今日から運動療法や靴の選び方など参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました