出っ歯の治し方!美しい口周りを手に入れる5つの治療法

出っ歯の治し方!美しい口周りを手に入れる5つの治療法

今回は出っ歯の治し方についてご紹介します。

出っ歯は周りの人から見るとひとつのチャーミングな個性ではありますが、本人にとっては強烈なコンプレックスと感じている人が多いです。

出っ歯を見せるのが嫌で笑うことができなかったり、外出時はマスクを着けて隠したりと、多くの苦労をしています。

そんなコンプレックスとサヨナラする出っ歯の治療法をお伝えしていきます。

ご紹介する方法で、美しい口周りを手に入れましょう!

スポンサーリンク

出っ歯の治し方!美しい口周りを手に入れる5つの治療法

① 出っ歯とは

上あごの前歯の先の部分、または上あごの前歯全体が前方に飛び出ている状態のことや、その状態の人を指します。

歯科においては、出っ歯は「前額前突症」と呼ばれています。

「上顎が大きいことによるもの」「下額が小さい事によるもの」「歯だけが出っ張っているもの」であると定義されています。

しかし治療を希望される方の多くが美容上の理由とされています。

これらが、実際に日常生活に支障を来す(発音や咀嚼など)ということは稀のようです。

② 出っ歯の原因

(1)遺伝

出っ歯自体が遺伝するという訳でなく、骨格や歯の大きさが遺伝をし、その結果出っ歯になってしまうということのようです。

つまり親が出っ歯だから必ずしも出っ歯になるという訳ではないということです。

(2)後天的な影響

舌癖が大きな原因と言われています。

食べ物を飲み込むときに舌で歯を押したり、口を無意識に開けているときに上下の歯の間に舌を出していたりすることを舌癖と言います。

私たちは1日に莫大な回数の咀嚼、嚥下を繰り返している訳ですから、その度に歯を押していることになればその影響は計り知れません。

舌癖の原因として、口呼吸、舌小体(舌の裏のひも)が短い、鼻や喉にアレルギーがある遺伝などが考えられています。

(3)その他には

・指しゃぶり

・ゴム乳首の長期使用

・気道障害による口呼吸

・下額の成長不良

・上顎の過成長

・舌が歯を前に押す力の強さ

・頬杖

・うつぶせや横向きで寝る

など

③ 出っ歯の治し方

前述しましたが、出っ歯自体が日常生活に支障を来しているケースは稀です。

元々は、白人の引き締まった口元が美しいということで、歯列矯正が行われるようになったようです。

しかしその風潮で「出っ歯は恥ずかしい」という劣等感や自己嫌悪を抱く若者が多くなったのも事実です。

対人関係に支障が出たりするなど、精神的負担となる場合もありますので、このような場合には歯列矯正などの治療も必要となるでしょう。

その1:歯列矯正

子どものころに治療された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

歯の表面にブラケットという小さな装置を取り付けてワイヤーを通しているものが多いようです。

一般的には、その器具を使って、継続的または一定時間装着して弱い圧力を歯列にかけ続けて徐々に歯を移動させる方法です。

骨に柔軟性がある少年期に行うことをおすすめしますが、成人になってからでも矯正することは可能なので、まず歯科医にご相談ください。

この方法は長期間を要するのが難点となりますが、自分の歯をそのまま維持出来ます。これは大きなメリットではないでしょうか。

その2:オールセラミッククラウン法

いわゆる「差し歯」による治療です。

差し歯にしたい歯の神経を除去し、必要な歯を削ります。

削った部分に土台を作って、動かしたい方向に歯を動かします。

その後、仮歯をはめて1週間程度で新しい歯を完成させます。

「ライフイベントに間に合わせたい!」など、短期間で歯の形、歯並びを改善することができます。

治療期間は、2〜3ヶ月が目安です。

金額は、セラミックの種類や治療本数などによっても異なりますので、歯科医で確認してください。

その3:インプラント法

矯正用に作られたマイクロインプラントやマイクロスクリューといわれるチタン製の小さなねじを顎の骨に埋め込みます。

これを支点として歯を引っ張り、移動させていく方法になります。

今までの方法で「動かせなかった歯」や「難しい方向に生えている歯」も、インプラント矯正では、歯の移動効率が高いので、様々な歯列矯正に対応可能です。

しかも、24時間ねじが効いているので持続的な力が歯に掛かっている為、治療期間の短縮にもつながります。

「ねじを埋め込む」なんて、ちょっと痛そうと思われるかもしれませんが、歯を抜くより楽で、治療後の鎮痛剤を服用しないでも済んでしまう患者様もいるほどです。

その4:外科矯正

外科手術によって顎の骨格を調整、輪郭を形成する矯正法となります。

顎のフェイスラインを含めて、短期間での治療が可能となります。

歯列矯正を行うだけでは修正できない、顎の骨を切って移動させる必要があるなど、骨格の矯正が必要な場合は外科矯正が選択されます。

ただ、この治療はどこの歯科医でも可能かというとそうではありません。

口腔外科医、矯正歯科医、それぞれの治療法や手術法が必要となります。

また入院が必要となることもありますので、入院施設が整った病院での治療となります。

その5:鼻呼吸をする

 出っ歯の原因には舌癖があり、舌癖がつく理由に口呼吸をしてしまうことがありました。

そこで、もし現在あなたが口呼吸であるならば、鼻呼吸に変えましょう。

根本的な出っ歯の改善にはなりませんが、今後の予防として鼻呼吸にすることは効果的です。

さらに、鼻呼吸には体の健康に嬉しい効果がたくさんあります。免疫力のアップや小顔効果など、メリットが多いことで知られています。

口呼吸の治し方については下記の記事で詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください。

まとめ:「出っ歯の治し方5つの療法」

いかがでしたか?「出っ歯の治し方」をテーマにご紹介させていただきました。

最後にもう一度5つの療法について確認してみましょう。

その1:歯列矯正

その2:オールセラミッククラウン法

その3:インプラント法

その4:外科矯正

その5:鼻呼吸をする

出っ歯には様々な原因が隠されていましたね。

そして、その治療も様々な特徴があり、日々進歩しています。

出っ歯が気になる方は、まず矯正歯科にご相談ください。

多くの治療法の中から、出っ歯の問題となっている原因や、患者様のライフスタイル、治療期間など、多くの事を考慮して最適な治療方法の提案をしていただけると思います。

歯科矯正は、時間もお金も掛かります。治療方法の、短所、長所をしっかり理解して進めて行きましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう