血豆の治し方!一刻も早く痛い血豆から解放される5つの対処法

血豆の治し方!一刻も早く痛い血豆から解放される5つの対処法

そこで、今回は「血豆の治し方」について5つのポイントに分けて対処法を解説します。スポーツ経験者に多い血豆ですが、特別スポーツなどをやったことがない人でも、血豆ができたことのある人は多いでしょう。

それもそのはず、日常生活において、少し角に手足をぶつけただけでできてしまうのが血豆だからですね。しかし、簡単にできるのになかなか治らないのが血豆のやっかいな所です。

血豆ができてしまった時に、一刻も早く治すための方法をまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

スポンサーリンク

血豆の治し方!一刻も早く痛い血豆から解放される5つの対処法

① 原因について知る

まずは血豆のできる原因についての理解を深めましょう。原因を知らねば、何事も対処のしようがありません。

血豆の原因は内出血です。文字通り皮膚の内側で出血しているのですね。

普通、強い衝撃を受けて血管にダメージを受けると出血します。しかし、血管は傷ついても皮膚のダメージは少ないケースがあります。

その場合、血は体の外に流れて来ずに身体の中で滞留します。これが血豆の正体です。

ゆえに、タンスの角で足をぶつけたり、ドアの間に指を挟んだり、トンカチなどで釘ではなく指を叩いてしまった時にできるのです。

では、原因が分かった所で、具体的な対処法に話を移しましょう。

② 血を抜く

最もポピュラーな方法として、血抜きがあります。血豆にしっかりと消毒した針で穴を開けて、血を抜いて処置する方法です。

針の消毒方法は、火(ライターなど)であぶる、または沸騰した熱湯につけ、滅菌ガーゼに消毒用エタノールを含ませて拭き取ります。

針を刺すときは痛いですが、効果が高く、早く治すことが可能です。昔の方は大概この方法を取ります。

おじいちゃんやおばあちゃんに見せて、この方法で処置された方は多いのではないのでしょうか。

ただ、注意が一点。感染症のリスクです。

物理的に身体に穴を開けるわけですから、雑菌の侵入は一番にケアすべき問題です。雑菌への対処を怠ると、患部の化膿など、他の問題を引き起こし、より悪化するリスクもあります。

なので消毒は徹底的に行いましょう。処置後も2~3日はヨードチンキやマキロンなどの消毒薬を処方するのがベストです。

対処法として血豆をつぶしたまま放置だけは絶対に避けましょう。周りの細胞も徒(いたず)らに傷つけることになり、弊害が多いです。

③ 自然治癒力に任せる

次に一般的なのが自然治癒です。血豆への対処は、血抜き派と放置派の二派しかないと言われるほど一般的な対処方法の一つです。

この自然治癒力に任せて放置する方法、実は最も安全でリスクの低い治し方です。人間の身体というのは大変良く出来ていて、大概のことは自然治癒します。

そのため余計な対処は行わずに、自然治癒に任せるのがやはり一番安全だと言うことですね。

つまり、スポーツの試合が近いなど緊急の場合を除いては、血を抜いたりせずに放置が良いでしょう。

④ アイシングする

血豆ができた箇所、患部をアイシングする治し方もあります。緊急性は低いが、仕事などもあり早めに治したい方も多いでしょう。

客商売をしている方は、見た目を気にする方も少なくありません。その際に使えるのがこのアイシング方法です。

血豆ができた時に、すぐにアイシングを行い患部の炎症を抑えて症状の悪化を防ぎます。

これで重症化することを防げますので、かなり早く治ります。さらに、2~3日した後に温めると血流がよくなり治癒が早まります。

内出血時の一般的な対処法ですので、当然、原因が同じである血豆にも応用することができます。

自然治癒力を高める方法ですので、安全性も高く効果も高いですので、最もおすすめな治療方法です。

⑤ 病院に行く

最後は病院に行く、です。大切な試合があり早く治したい、重要な業務を抱えておりすぐに完治させたい、その際は躊躇わずに病院に行きましょう。

やはり、最も完璧な処置を行ってくれるのは病院の先生です。

早く直さねばならない理由が、とても大切な事であるならば、躊躇せずに病院に行きましょう。感染症のリスクもなく、自分で治療するよりも驚くほど早く治すことができるしょう。処置は少し痛みを伴いますが、感染症などのケアも万全ですので安心です。

ただ、病院に行く手間と費用も必要になるので、治すべき理由との兼ね合いです。早く治すべき理由が、時間と費用を上回ったならば間違いなく病院へ行くと良いですよ。

まとめ:「血豆の治し方5つの対処法」

如何でしたか?今回は「血豆の治し方」について5つの対処法をご紹介しました。最後に5つの対処法について確認してみましょう。

① 原因について知る

② 血を抜く

③ 自然治癒力に任せる

④ アイシングする

⑤ 病院に行く

色々な対処方法がありますね。現代人がとれる選択肢は意外と多いものです。

たかが血豆、されど血豆です。

実際痛いですからね、できると鬱陶しいものです。日常生活にも支障をきたすことも多いです。

スポーツや仕事など、繊細な動きを求められるものやビジュアルを求められるものにはすごく邪魔なものです。

自らの状況に合わせて、上述した治し方をとられると良いでしょう。当記事が、あなたの役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう