スポンサーリンク

青あざの治し方!いち早く「青あざ」を消すために効果的な方法

皮膚の病気の治し方

青あざができにくい肌を作るために

同じ強さでぶつけても、青あざができる人とできない人がいます。その違いは「肌の若さ」です。

若い頃はよほど強くぶつけないと青あざなんてできなかったり、できたとしてもすぐに治ったりしていたのに、年を重ねるごとに青あざは、「できやすく・治りにくい」ようになっていきます。

その原因の一つが、「肌の老化」なのです。

肌が老化すると「コラーゲン」が減少していきますが、コラーゲンが減少して薄くなった肌は、外部からのダメージをダイレクトに受けやすくなります。

また、肌周辺に網羅している毛細血管の壁も弱くなっているので、ちょっとした刺激で切れやすくなっています。

青あざができにくい肌を作るためには、次のようなことに取り組んでください。

コラーゲンの原料であるタンパク質をしっかり食べる

カロリーを気にしてお肉を控えている人もいるかもしれませんが、タンパク質はコラーゲンの素です。

タンパク質を減らせば減らしただけ、肌の老化は進んでしまいます。

毎食欠かさずにタンパク質を食べるようにしましょう。

  • 大豆

これらの食材は、青あざに負けない強い肌を作るための味方です。

体も保湿する

顔には、化粧水・乳液・美容液・クリーム……と念入りに保湿しているのに、体はほったらかし!という人はいませんか?

乾燥した肌は、コラーゲンの損傷が進みやすくなり、ますます老化が進んでしまいます。

しっとりとうるおい膜に守られた肌なら、青あざもできにくくなります。毎日、体の保湿もしっかりしましょう。

レチノールを摂る

レチノールは、肌を若々しく健康にキープする働きを担う成分です。「抗シワ作用がある化粧品成分」として、聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

毎日の食事から、意識的に摂るようにしてください。レチノールは、次のような食べ物に多く含まれています。

  • レバー
  • あん肝
  • うなぎ
  • 銀ダラ
  • サーモン
  • イクラ
  • チーズ

よく眠る

睡眠不足が続いて肌が荒れてしまった経験はないでしょうか?

睡眠中には「成長ホルモン」という、肌細胞の再生や回復を指示するホルモンが分泌され、肌の修復が行われます。

そのため、睡眠不足だと全身の肌が弱ってしまい、どんどん老化が進んでしまいます。

たっぷりの睡眠を取れば、それだけでも青あざのできにくい肌づくりの役に立ちます。

毎日7~9時間を目標に、「よく寝た!」と思えるまで眠るように心掛けてください。

あざの症状によっては病院へ

強い痛みもなく、青あざだけが残って困っている場合には、これまでご紹介した方法を試してみてください。

しかし、もし強い痛みがあったり、簡単にたくさんのあざができやすいと感じている場合には、できるだけ早く病院に行きましょう。

ひどい打撲や、深刻な病気が原因の青あざであれば、詳しい検査をしたり、専門の治療が必要な可能性があります。

青あざやそれに隠れた病気を悪化させないためにも、症状を確認しながら判断しましょう。

まとめ

目立つ場所に青あざができてしまうと、それだけでテンションダウン……という人もいるのではないでしょうか。

これからは、この記事でご紹介した青あざのケア方法を駆使して、素早く青あざを解消できるようになってくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました