赤ら顔の治し方!もう二度と「顔赤いよ?」と言われない改善法

人から「顔、赤いよ」と指摘される度に、泣きたくなってしまう……。メイクしても顔の赤みが隠せない……。

夏は気温の高さで火照りがひどくなるし、冬は冬で温かい室内に入った瞬間に真っ赤になる。ときには酔っぱらってると勘違いされることも。

こんな赤ら顔によるコンプレックスを感じていませんか?そんなあなたに、赤ら顔を根本的に治す方法をお伝えします。

赤ら顔の治し方として最も重要なことは、原因を理解した上で、適切な対応をすることです。

よく分からないままに間違った対策をしてしまうと、悪化させてしまうこともあるので、一人で悩まずに一緒に正しい知識を身につけて、改善方法を実践しましょう。

赤ら顔の原因とは

「赤ら顔」と一口に言っても、その原因はさまざまです。その中でも多く見られる原因が2つあります。1つめは「毛細血管拡張症」によるもの、2つめは「酒さ(しゅさ)」によるものです。

「毛細血管拡張症」も「酒さ」も、どちらも聞き慣れない言葉ですよね。それぞれ、詳しく解説します。

(1)毛細血管拡張症

「毛細血管拡張症」とは、その名の通り毛細血管が拡張してしまう症状のことです。

皮膚の構造は、外側から順に「表皮→真皮」という階層になっているのですが、表皮の下にある「真皮」の部分には、無数の血管が張り巡らされています。

毛細血管拡張症

肌の赤みは、この真皮部分の毛細血管の血液の色が、透けて見えているものです。

毛細血管は、拡張と収縮を繰り返すことで、血管内の血液の量や速さを調整しています。しかし、何らかの理由で、拡張したままになってしまうことがあります。

それが、「毛細血管拡張症」です。通常よりも、毛細血管が太く拡張したままになってしまうので、その分、肌の表面に透けて見える赤みが強くなり、赤ら顔となってしまうのです。

 

(2)酒さ

2つめの「酒さ」とは、鼻を中心とした顔の中心部の皮膚が、赤みを帯びてしまう皮膚の疾患のことです。

まるでお酒を飲んで酔っ払っているように見えてしまうのが特徴で、皮膚が慢性的に炎症を起こして赤みを帯びている状態です。

30代以降から発症し、中高年に多い疾患です。肌が赤みを帯びるだけでなく、ボコボコと肌の表面がいびつになることもあります。

ひどくなると、鼻が赤く大きくなっているようにも見えるため、美容上の理由で悩む人が多い症状といえます。

自分の赤ら顔がどちらのタイプなのか知ろう

赤ら顔の2大原因として挙げられる「毛細血管拡張症」と「酒さ」。「赤ら顔」という悩みは共通でも、それぞれに必要なケアはまったく異なっています。

正しいケアをするために、まずは自分の赤ら顔が「毛細血管拡張症」タイプなのか、「酒さ」タイプなのかチェックしましょう。

<毛細血管拡張症タイプの特徴>

頬の赤みが強い
細かい毛細血管が透けて見える
気温の変化で悪化しやすい
緊張して赤くなることがある
皮膚が乾燥して敏感

<酒さのタイプの特徴>

鼻の赤みが強い
ニキビのようなブツブツがある
30代以降になってから発症した
炎症部位にヒリヒリ感やチクチク感がある
皮膚が脂っぽい

当てはまる項目が多かった方が、あなたの赤ら顔のタイプとなります。

どちらのタイプなのかが分かったら、それぞれのタイプ別の治し方を見ていきましょう。

毛細血管拡張症の治し方

毛細血管が拡張しっぱなしになっていることが原因の毛細血管拡張症は、

  • 気温の変化
  • 皮膚への刺激
  • 自律神経の乱れ

などで症状が悪化します。

また、毛細血管が張り巡らされている「真皮」の、外側の階層である「表皮」が薄くなっていると、毛細血管の赤みが透けやすくなるので、さらに赤みが強く見えてしまいます。

毛細血管拡張症を治すためには、室内外の温度差を最小限に抑えること、血行を促進すること、皮膚が薄くならないように工夫することが重要になります。

夏はエアコンを最小限に、冬はマスクとマフラーで顔をガード

寒暖の差が激しい屋内外を出入りすることは、血管拡張症を悪化させる原因となります。

映画などで雪国に住んでいる子どもは、「ほっぺが真っ赤」と描写されることもありますが、この寒い地域で頬が赤くなるのも、毛細血管拡張症の一種と考えられます。

寒暖の差が激しいと、毛細血管は、頻繁に収縮と拡張の繰り返しを強いられます。そのうちに、拡張したまま戻らなくなってしまうのです。

そんな血管の拡張を防ぐためには、「寒暖の差をできるだけ作らない」という努力が必要になります。

冬の外出時には、顔をマスクやマフラーを使ってガードしてください。長時間、寒い中を歩いたり、自転車やバイクで冷たい強風に当たったりすることも避けましょう。

また、夏は、部屋の中を冷やし過ぎると、屋外との気温差が大きくなってしまいます。扇風機などを上手に利用して、できるだけエアコンの設定温度を高くするようにしましょう。

肌を薄くするスキンケアをやめる

肌が薄くなるほど毛細血管が透けて見え、赤ら顔がひどくなることは、先にお伝えした通りです。そして実は、間違ったスキンケアを続けることで肌はどんどん薄くなってしまいます。

今は、ネットを中心に、さまざまな美容情報があふれています。しかし、健康な肌の人にとっては良くても、赤ら顔に悩んでいる人にとっては、キレイになれるどころか、逆効果となる情報もありますので、注意してください。

毛細血管拡張症に悩んでいる場合、「肌を薄くするリスクがあるスキンケア」は、すべてNGです。

肌を薄くするリスクがあるスキンケアとして、具体的には次のようなものが挙げられます。

  • ピーリング
  • スクラブ
  • ふき取り化粧水
  • ふき取りクレンジング
  • マッサージ

これらはすべて、肌の表面をこすり取り、表皮を薄くする危険と隣り合わせです。赤ら顔が一気にひどくなりかねません。

また、洗浄力の強いクレンジング料も肌を薄くする原因となります。できるだけメイクをする回数を減らし、クレンジング料を使う頻度を減らしましょう。

どうしてもカバーしたい肌悩みがある場合は、部分的にコンシーラーを使い、ファンデーションではなくルースパウダーで仕上げてみてください。

悩みをカバーしながら肌への負担を軽減できます。

赤ら顔専用の化粧水を使う

普段のスキンケアで使う化粧水を、赤ら顔専用のものにすることは非常に有効です。

残念なことに、「有名ブランドだから」とか「保湿力が高そう」という理由で選んだ化粧水では、顔の赤みを根本的に解決することはできません。

それよりも、赤みの原因である毛細血管の拡張にピンポイントでアプローチしてくれる成分が配合された化粧水の方が、赤ら顔には効果的です。

赤ら顔のために開発された化粧水として有名なものに、「白漢しろ彩」

があります。皮膚科医も監修しており、赤ら顔をケアする目的で設計されています。

この化粧水には、毛細血管の拡張に高い効果を発揮する「プランクトンエキス(海洋エキス)」がたっぷり配合されているので、肌の内側から頬や鼻、アゴの赤みが軽減していきます。

また、「アルコール」や「香料」などを一切使用していない無添加処方なので、敏感肌の人でも試しやすい化粧水です。

赤ら顔の治療には、美容クリニックでのレーザー治療や病院への通院なども考えられますが、自宅で化粧水によるケアができれば、お金も時間も節約になるので、最もおすすめの方法です。

ただ、どうしても化粧品は肌に合う・合わないがあるので、まずは公式サイトから返金保障制度を利用して、試してみると良いでしょう。

もし肌に合わない場合は、返金してもらえるので気軽に試すことができます。

>>「白漢しろ彩」公式サイト<<

乾燥をしっかり防ぐ

「白漢しろ彩」などの赤ら顔用の化粧水を塗った後は、すぐに「ふた」となる保湿クリームやオイルを塗りましょう。

毛細血管拡張症の肌は、とても乾燥しやすくなっていることが多いのです。化粧水しか塗らない場合、化粧水が蒸発するときに、皮膚内の水分も一緒に蒸発して、返って乾燥がひどくなります。

化粧水を浸透させた直後に、油分でふたをすることを忘れないようにしましょう。

また、冬の空気が乾燥する季節には、スキンケアだけでなく空気の乾燥を防ぐことも大切です。加湿器を使って部屋の湿度が下がりすぎないように調整してください。

腹式呼吸で自律神経を整える

私たちは、自分の意志で毛細血管を拡張させたり、収縮させたりすることはできません。そういった働きは、無意識の中で、自律神経が担っています。

自律神経が正常であれば、毛細血管の拡張や収縮も、ちょうどよく行われるはずです。しかし、そこに異常が出ているということは、自律神経のバランスが崩れている可能性が高いといえるでしょう。

また、緊張したときに一気に顔の毛細血管が拡張し、顔の赤みが強くなる「赤面症」を患っている場合は、メンタル的にも自律神経を整えることが必要です。

しかし、「自律神経を整える」といっても、漠然としていて、何をしたら良いのかわからないですよね。一番簡単な自律神経の整え方は「腹式呼吸」です。

ゆったりとお腹で深呼吸すると、自然と自律神経が整っていきますので、毎日の習慣にしましょう。

ゆったりとした姿勢で椅子に腰かけ、鼻から5秒かけて息を吸い、口から10秒かけて吐き出します。

丹田(おへその下)に手を当てて、お腹が膨らむように意識すると良いでしょう。

毎日1回、5~10分から始めてみましょう。続けるうちに徐々に自律神経のバランスが改善していきます。

漢方薬を服用する

毛細血管拡張症には、「血行」「血流」が大きく関わっています。体が冷えていて、血行不良に陥っているために、血液がスムーズに流れることができず、結果として血管が拡張せざるを得ないケースもあるのです。

血行・血流の改善は、漢方薬の得意分野です。漢方薬には、血行を促進して冷えを改善したり、頭に血がのぼるのぼせを緩和したりすることができる薬があります。

例えば、血行促進やのぼせの緩和作用がある「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」、気の滞りや情緒不安定を整える「加味逍遥散(かみしょうようさん)」などは、毛細血管拡張症の人に合うことが多いようです。

ただし、漢方薬は、同じ症状であっても、その人によって合う薬が変わります。それは自己判断ではなく、専門家に診断してもらう必要があります。

今はドラッグストアで簡単に漢方を購入することもできますが、しっかり結果を出すためには、まずは漢方の専門医や漢方を専門とした薬局の薬剤師などに相談してみましょう。

温冷洗顔法で毛細血管を鍛える

漢方は、体の内側から血流を整える方法ですが、ダイレクトに狙った部分の血行を良くする方法として、「温冷洗顔法」があります。滞りがちな血液の流れを改善しながら、肌にメリハリを与え、肌組織の代謝を促すことができます。

方法は簡単で、冷たい水で洗顔した後に、42度程度の熱めのお湯で洗顔するだけです。それを2~3回繰り返すことで、血液循環が良くなります。

時間の余裕がある日には、冷たい水で洗顔した後に、蒸しタオルでじっくりと温めると、深部まで血行が促進され効果的です。

お風呂にゆっくりと浸かりながら、その時間に蒸しタオルを顔に乗せるのも良いでしょう。ラベンダーなどの精油を垂らしたお湯で蒸しタオルを作れば、心がゆったりとリラックス状態になり、自律神経のバランスを整える効果も期待できます。

ビタミンEを摂る

食べ物から血行を促進したい場合、積極的に摂りたい栄養素は「ビタミンE」です。

ビタミンEには血行促進効果やターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)の促進効果があり、血液が滞りやすい毛細血管拡張症の肌を、巡りの良い状態に整えてくれます。

ビタミンEは、アーモンドやアボカドに多く含まれています。どちらも、忙しいときでも手軽に食べられるうれしい食材。ぜひ、冷蔵庫に常備しておきましょう。

アーモンドは、1日に20粒程度を継続して食べると、美容効果も期待できます。アボカドは、キウイのように半分に切ってスプーンですくって食べると、包丁いらずでいつでも食べられます。

また、余談ですが、ビタミンEはむくみの原因となる塩分(ナトリウム)の排出を促してくれるので、むくみにも効果的です。

レーザー治療を受ける

自分で行うケアでは改善が見られない場合は、美容皮膚科で「レーザー治療」を行うという方法があります。

拡張した毛細血管を狙ってレーザーを当てることで、毛細血管を消滅させ、赤みを目立たなくするという方法です。

レーザー治療は、照射する範囲によって価格が変わりますが、部分的に照射する場合は数千円~、顔全体に照射する場合は5~10万円程度の病院が多いようです。

また、1回で効果が出ることは少なく、2~3回、繰り返し照射が必要になります。そのため、合計では数十万円〜の費用がかかります。

「数十万円で赤ら顔の悩みから解決するなら、安いものだ!」と考える人もいるかもしれません。しかし、レーザー治療の問題は、効き目に個人差があり、すべての人の赤ら顔が治るとはいえない点です。

運良く効果があっても、パーフェクトに白い顔になれるということはなく、「今までよりもマシになった」という程度の人が多いようです。

レーザー治療に踏み切る場合は、効き目がないリスクも考慮して、よく検討しましょう。

酒さの治し方

次に、「酒さ」が原因の赤ら顔の治し方をご紹介します。

皮脂腺が異常に発達することにより発症する「酒さ」は、皮膚が熱を持ったり刺激を受けたりすることで悪化します。

皮膚が熱くならないように配慮すること、皮脂腺を刺激しないことが重要です。

皮膚科を受診する

「酒さ」は放置しておくと徐々に症状が進行してしまい、一度重症化してしまうとなかなか根治しにくい疾患です。この「疾患」と認識が重要です。酒さは単なる肌荒れなどとは明確に違い、皮膚の病気の一種です。

そのため、「酒さかな?」と思ったら、まずはできるだけ早く皮膚科を受診してください。

皮膚科で酒さと診断された場合には、抗生物質の内服、弱めのステロイド剤、プロトピック軟膏(アトピー性皮膚炎の治療薬)などで治療を行います。

この治療を早期に開始すればするほど、酒さの悪化をくい止めて、上手に付き合っていけるようになるケースが多いようです。

直射日光に当たらない

酒さと診断されたとき、また酒さが疑われるときに、自分でできる酒さ対策として最も重要なことが、「日光に当たらないこと」です。

大量の紫外線を浴びてしまった直後に酒さが急激に悪化してしまうケースもあるため、酒さにとって紫外線は大敵だと考えてください。

極端に酒さが重症化して炎症を起こしているときを除き、日焼け止めは、年間を通して欠かさないようにしましょう。

冬の間や、くもりの日などは、日差しがないので日焼け止めをサボりたくなりますが、目に見えないだけで紫外線は降り注いでいることを知っておきましょう。

また日差しが強い日や夏の間は、日焼け止めだけでなく、日傘・帽子・サングラスなども併用して、紫外線を念入りにカットするようにします。

スキンケアはワセリンのみにする

酒さを発症している肌はバリア機能が壊れており、化粧品が強い刺激になりやすくなります。

「バリア機能」というのは、肌の表面にある層が、セラミドなどの成分によってうるおいを蓄え、外部刺激から肌を守ったり、肌内部の水分が蒸発するのを防いだりする機能のことです。

 

正常な皮膚とバリア機能が低下している皮膚

酒さに罹患している肌は、この肌表面のバリア機能が低下している状態です。そのため、肌をケアしようとして使うスキンケア化粧品でさえ、外部刺激とみなされて、肌にダメージを与えてしまう可能性があります。

特に「化粧水」は、酒さにとっては逆効果になる場合があります。水分を与えることで皮膚がふやけ、化粧水が蒸発するときに肌を乾燥させ刺激になってしまうのです。紙を水で濡らして乾かすと、シワシワになるようなイメージです。

そのため、できるだけ化粧品や化粧水は控えて、スキンケアは「ワセリン」で保護するだけのシンプルな方法に徹することが必要です。

ワセリンはミネラルオイル(鉱物油)100%で他に余分な成分が入っていないので、オイルによる保湿力だけが欲しいときに向いています。皮膚科でも、赤ちゃんや敏感肌の人によく処方される保湿アイテムです。

また、先ほど「酒さの人は日焼け止めが年中欠かせない」とお伝えしましたが、日焼け止めを塗る前にもワセリンで保護してから塗ると、日焼け止めによる肌への刺激を抑えることができます。

脂っこい食事を避ける

酒さは、「皮脂腺の異常発達」が引き金となって発症します。

「皮脂腺」の存在を意識したことは、今までにないかもしれません。顔を洗わないと、テカテカと油で光ったようになりますが、これは毛穴の奥にある皮脂腺から分泌される皮脂によるものです。

皮脂は、皮脂腺の中に存在する皮脂腺細胞の中で生成され、肌の表面へと分泌されます。

毛穴

この皮脂の原料となる脂質は、血液中から流れてきたものを使っています。つまり、血液中に脂質が多くなると、結果として皮脂の分泌量が増え、皮脂腺の異常発達を助長してしまうのです。

血液中に流れる脂質を減らすためには、口から摂取する脂質の量を減らすこと。できるだけ、脂っこい食事を避けるようにしてください。

特に動物性脂肪は皮脂になりやすい特徴があります。脂身の多い肉・バター・チーズなどは、過度に食べ過ぎないように注意が必要です。

ビタミンCを摂る

ビタミンCには、皮脂の分泌量を抑制する効果があります。脂っこい食事を控えながら、ビタミンCの含まれるフレッシュなフルーツを食べる機会を増やしていきましょう。

毎日、旬のフルーツを食べる習慣を作ると、酒さの改善にもつながります。グリーンスムージーを、生のフルーツを入れて作ると、美肌効果も期待できます。

注意点として、ビタミンCは「水溶性」のビタミンで、使い切れなかった分はすぐに尿となって排せつされます。

体内に蓄積できないので、過剰摂取のリスクがないという点では安心なのですが、毎日補給しないと、すぐに体内から枯渇してしまいます。

毎日継続してビタミンCを摂るようにしましょう。

アルコールや香辛料を摂りすぎない

酒さは、皮膚が熱を持つことで悪化することが知られています。そのため、アルコールや香辛料の摂りすぎは、悪影響となります。

目安として、飲食した後に、顔が火照った感じがするもの・暑くなって汗をかくもの・顔が赤くなるものは、酒さを悪化させる危険性が高いので、避けるようにしましょう。

激辛の食べ物や、やけどするほど熱い飲み物、強いアルコールなどは、避けるべきものです。

また、極端に甘いもの・塩辛いものも、酒さにとっては刺激となります。なるべく濃い味の食べ物は避けて、健康的な薄味のものを選ぶようにしましょう。

過度な運動・長時間の入浴をやめる

運動や入浴といえば、健康法の代名詞として語られることが多いもの。しかし、酒さにとって、「皮膚が熱を持つ行為」は、悪化の一因になります。

長時間にわたって激しい運動や入浴を行うと、汗をかいて体温が上がるのとともに、皮膚の表面温度も上昇し、熱を持ってしまいます。

持続的に汗をかくのは30分以内にとどめ、運動や入浴の後はできるだけ早く体をクールダウンさせるように心掛けましょう。

汗をかきっぱなしにせずに清潔に保つことも重要です。特に、メイクと汗が混ざると肌の刺激になりやすいので、運動するときはノーメイクで行い、運動が終わり次第、洗顔するようにしましょう。

入浴の際はお湯の温度を低めに設定しましょう。38〜39度程度で、じんわりと汗がにじむ程度が適温です。ダラダラと顔を汗が流れるような高温のお風呂や、サウナなどは避けてください。

顔に触れる枕や布団を清潔にする

酒さを患っている肌はバリア機能が低下していますので、汗や汚れが刺激となります。肌を清潔にしておくことが大切ですが、意外に盲点となるのが顔自体ではなく、「顔に触れるもの」です。

せっかく顔を清潔にしていても、日常生活の中で顔に触れるものが汚れていたり、雑菌が繁殖していたりすると、それが肌に刺激を与えてしまいます。

顔に触れるものには、次のようなものがあります。

  • 枕カバー
  • シーツ
  • 毛布
  • ファンデーションのスポンジパフ
  • 髪の毛
  • マフラー
  • 洗顔後のタオル

特に、睡眠中、長時間にわたって顔に触れることの多い枕や布団には気を配ってください。できれば、顔に触れている部分は、毎日洗濯しましょう。丸ごと洗うのが難しい場合は、顔に触れる部分にフェイスタオルを巻いておけば、タオルを洗濯するだけで済みます。

何カ月も替えていないスポンジパフがあれば、新しいものに変更しましょう。スポンジパフは1週間に1回は洗浄が必要です。それが面倒であれば、1回使い捨てタイプのスポンジパフに替えることで、常に清潔さをキープできます。

また、実は雑菌の温床となりやすいのが、「フェイス回りの髪の毛」です。顔に髪が当たらないようなカットにしたり、髪の毛を縛ったりして、肌に髪の毛が当たらないように配慮しましょう。

女性ホルモンのバランスを整える

酒さの症状のひとつとして「皮脂腺の異常発達」が挙げられますが、「皮脂分泌」の調整に大きな役割を果たしているのが、「女性ホルモン」のバランスです。

女性の、女性らしい丸みのある体やすべすべの美しい肌は、女性ホルモンの働きによって作られています。

一方、男性ホルモンは、男性らしい筋肉質な体を作りますが、女性よりも男性の肌の方が、ベタベタとしてテカりやすい傾向があります。それは、男性ホルモンが皮脂分泌を促進するからです。

皮脂分泌が過剰になっているとき、この男性ホルモンが活性化しすぎている可能性があります。

男性ホルモンと女性ホルモンは、シーソーの関係にあり、片方が増えるともう片方が減るというバランスで成り立っています。

女性ホルモンと男性ホルモン

そのため、男性ホルモンを抑えて女性ホルモンを活性化するためには、女性ホルモンを増やしましょう。

おすすめは、「大豆」の摂取です。大豆には「イソフラボン」という成分が含まれており、これが体内で女性ホルモンと似た働きをすることが知られています。いわば、「疑似女性ホルモン」として働いてくれるのです。

納豆・豆腐・みそ汁などの大豆食品を積極的に摂りましょう。なかなか忙しくて自炊ができない、というときには、コンビニで豆乳ドリンクを購入するのもおすすめです。

普段からスターバックスやタリーズなどのカフェに行く習慣がある人なら、いつものラテをソイラテに変更するだけで、イソフラボンの補給になります。

リラックスできる時間を持つ

酒さの直接的な原因は解明されていませんが、「精神的なストレス」が引き金となる場合もあります。

酒さがひどくなり始めるタイミングと精神的にストレスを感じたタイミングが一致する場合には、精神的なストレスが影響している可能性が高いでしょう。

できるだけリラックスできる時間を持つように心掛けましょう。酒さ自体がストレスとなり悩んでしまう人も多いのですが、そのストレスがさらに悪化させてしまうこともあります。

というのも、肌と心は密接に関係しているのです。「ストレスがたまって肌が荒れてしまった」「忙しすぎて肌がボロボロ」という経験は、多かれ少なかれ、ほとんどの人が体験しているでしょう。

「酒さは、丁寧にケアすれば、いつか治る」「それまでは上手に工夫して暮らしていこう」と、できるだけ前向きに捉えていくことが、肌の回復にもつながっていきます。

酒さの悩みを、誰にも相談したことがないという人は、思い切って誰かに話してみることで楽になれる場合もあります。自分のありのままを受け止めてくれる、信頼できる人が身近にいれば、話してみるのも良いでしょう。

また、ストレスに強い心を育てるために、とても効果があるのが「睡眠をしっかり取る」ということです。私たちは睡眠中に記憶を整理し、ストレスを解消して、心をクリアな状態にキープしています。

毎日6時間以上、コンスタントに睡眠時間を確保するようにしましょう。

まとめ

赤ら顔には、治るまでにかかる期間が、人によってまったく違います。また、赤ら顔を引き起こしている原因によって、取るべき対処法が異なるにもかかわらず、長い時間を間違った対処法で無駄に過ごしてしまうケースもあります。

まずは、自分の赤ら顔がどこから来ているのか見極め、そこから自分にできる治し方をひとつずつ実践していきましょう。

この記事では、自宅で今日からできる治し方を、数多く紹介しています。ぜひ今日から実践を始めてみてください。

悩みから解決され、「がんばって良かった!」と振り返れる日が必ずやってくるはずです。

 


>>「白漢しろ彩」公式サイト<<

おすすめの赤ら顔ケア用品ランキング

赤ら顔でお悩みのあなたのために、当サイトが厳選した赤ら顔専用ケア用品を紹介します。公式サイトから購入すると大幅割引されたり、返金保証がついているものが殆どなので、ご購入の際の参考にしてください。

第1位
白漢しろ彩
  • ROMO化粧品部門第1位
  • 敏感肌の人の93%が高評価
  • 最大20%OFF
  • 送料無料
  • 安心の30日間返金保証

PROMO化粧水部門で1位を獲得した赤ら顔専用化粧水。敏感肌の人93%から高評価を獲得し、赤ら顔に変化を感じたとの声多数の 今注目の化粧水です!

第2位
ULU(ウルウ)
  • お客様満足度98%
  • 敏感肌に優しい完全無添加
  • 1本5役のオールインワン化粧水
  • 最大20%OFF
  • 送料無料
  • 30日間返金保証

お客様満足度98%で1本5役のオールインワン化粧水。洗顔後は、コレ一本ですスキンケアが完了するので、いつも忙しいあなたにおすすめ!

第3位
OIZ/オイズ PBジェル
  • スキンケアで特集された注目の美容液
  • 国内製造で高品質
  • 月間500本限定で、最大52%OFF!
  • 送料無料
  • 30日間全額返金保証

食品発酵のプロが開発し、医師監修の美容系情報サイト「スキンケア大学」でも特集されたイマ注目の発酵美容液。

第4位
フィオナK
  • 赤ら顔専用クリーム
  • 1年間返品保証

赤ら顔に効果があるとされるビタミンKとブドウ種子エキスを配合した、肌に馴染みやすい赤ら顔専用クリーム

第5位
ビタKレッドX
  • 皮膚科専門家が開発したクリーム
  • 韓国セレブに大人気
  • 最大20%OFF
  • 送料無料

ビタK レッド トナーと同じパク博士が開発したビタミンKを多く含んだクリーム。数多くの雑誌でも紹介され、韓国のセレブたちの間でも大人気の商品です。

第6位
アカラフォーミュラ
  • 皮膚トラブル専門家監修の赤ら顔専用美容液
  • リピート率80%
  • 赤ら顔で悩む人の必読書プレゼント
  • 最大15%OFF
  • 送料無料

食品発酵のプロが開発し、医師監修の美容系情報サイト「スキンケア大学」でも特集されたイマ注目の発酵美容液。

第7位
アカラカバー
  • カラーコントロール・メイクのプロが監修
  • 赤ら顔専用コンシーラー
  • 1年間返品保証

カラーコントロール・メイクのプロが監修したアボカド油配合の赤ら顔専用コンシーラー。肌に直接塗ることで、赤みがかっていた肌をより自然な色に近づけることができるので、今すぐこの赤みをどうにかしたい!という方におすすめ。

関連記事