胃下垂の治し方!お腹だけポッコリを解消する7つの方法

「太っているわけではないのに、下腹部だけポッコリ……」

そんな悩みを抱えているあなたは、もしかすると「胃下垂」かもしれません。

胃下垂になると、通常はみぞおちの辺りにあるべき胃が、下に下がってしまうので、その分ポッコリと出てしまうのです。

また、もしかしたら胃下垂といえば

  • 「食べても太らない」
  • 「やせの大食い」

といった良いイメージがあるかもしれませんが、ポッコリお腹だけでなく胃の不調につながるなど、健康的に良くありません。

この記事では、そんな胃下垂の原因は何か、そして治すためにはどうすれば良いのかご紹介していきます。

スポンサーリンク

胃下垂とは?

胃下垂とは、「胃の下部が骨盤まで垂れ下がっている状態」を指します。

“胃の下部が”というところがポイントで、食道とつながっている胃の入り口ごと下がっているのではなく、胃の上部は普通の人と同じ位置にあります。

そのため、イメージとしては、みぞおちから腰周辺まで、胃がビローンと伸びている感じです。

胃下垂の治し方!お腹だけポッコリを解消する7つの方法

また、胃下垂の症状として下腹部ポッコリがよくみられます。

私たちの胃は食事をした直後は、食べ物の体積分膨らむようにできています。

通常は、みぞおち辺りが膨らむのですが、胃下垂の場合は、胃の下部が腰周辺にまで垂れ下がっているので、下腹部がポッコリと膨らむのです。これが胃下垂の下腹部ポッコリの正体です。

また、胃下垂による影響は、見た目だけではなく、次のようなものが挙げられます。

  • 消化不良
  • お腹のハリ
  • 胃痛
  • ゲップ
  • 便秘
  • 胃のむかつき、不快感

胃下垂になると痩せる?

ところで、過去に「胃下垂になると痩せる」「痩せの大食いは胃下垂」という情報が流れたことがありました。

実際のところ、胃下垂であることと痩せることには、相関関係はありませんが、「痩せている人は胃下垂になりやすい」という傾向は見られます。

体が細いと胃が通常の位置に収まり切らず、下に伸びがちになるのです。

また、胃下垂があまりにもひどくなると、消化不良を起こして食事量が減り、体重も減りがちになることもあります。

胃下垂の原因

胃下垂の原因には、次のようなものが考えられます。

痩せ過ぎ

ダイエットに励んでいる人も多いかもしれませんが、痩せれば痩せるほど下腹部がポッコリ出てきている気がしたら、それは「痩せ過ぎ」かもしれません。

体が細くなって、胃の居場所が小さくなっていくと、その分、下へと伸びてしまいます。

胃下垂を防ぐためには、健康的な体重が必要です。

一食の食事量が多過ぎる

これもダイエットをしている人に多いケースですが、食事回数を減らして、その分、1食あたりの食事量が多くなっている人は要注意です。

このときの「食事量」とは、「カロリー」ではなく「体積(嵩)」をイメージしてください。

ダイエット中だからといって、1日1食にして、キャベツ・もやし・蒟蒻・白滝などのローカロリーで嵩がある食べ物を過食していることはないでしょうか?

カロリーが低ければ体重や体脂肪が増えることはないと、お腹がパンパンになるまで安心して食べている人もいるかもしれません。

しかし、これは、胃が食べ物の重みで下に下がり、胃下垂を引き起こしてしまいます。

噛む回数が少ない

一食あたりの食事量が普通でも、噛む回数が少ないと、固形のまま胃に入ることとなり、消化にかかる時間が長くなります。

すると、その前の食事で食べたものが残っている状態で食事をすることになるので、結果として胃の内容物が多くなり、胃が下がりやすくなります。

適正な量の食事を、よく噛んで食べることが、胃下垂予防には必要です。

暴飲暴食

暴飲暴食はそれ自体に健康被害が多い行為ですが、胃下垂の原因にもなります。

暴飲暴食によって消化吸収が上手くできず、食べた物が胃にたまり、胃が重くなってしまうので胃が下に下がります。

筋力不足

胃が下がってきても、腹筋がしっかりあれば、コルセットの役割をして胃を押し戻すことができます。

しかし腹筋がないと、そのままポッコリと下腹部が出てしまい、どんどんお腹の皮が伸びて胃が出てしまいます。

すると、胃が下垂したまま元に戻らなくなってしまうのです。

また、胃をはじめとする内臓を支える筋肉が衰えている場合も、胃を正常な位置にキープできなくなって、下垂を引き起こすことがあります。

猫背

猫背になると、本来胃が位置するみぞおち周辺のスペースが窮屈になって、行き場を失った胃は、下へ下へと垂れ下がります。

その上、猫背によって血行不良になると、胃を支えている膜組織に十分な栄養や酸素を供給することができなくなり、強度が弱くなっていきます。

すると、さらに下垂に拍車がかかってしまうのです。

骨盤の歪み

骨盤が歪むと、今まで腸骨部分で支えていた腸を支えきれなくなり、内臓全体が下垂します。

すると、胃も一緒に下垂してしまいます。骨盤を歪ませる原因には、

  • 足を組む
  • バッグを同じ側の肩にかける
  • 横向きに寝る
  • 出産

などがあります。

ストレス

嫌なことがあったとき、胃がキリキリと痛んだ経験はないでしょうか?

胃は精神的なストレスの影響をダイレクトに受けやすい場所です。

ストレスが重なって、胃の消化能力が落ちると、いつまでも胃の中に食べ物がとどまることになり、その重みで下へ下がりがちになってしまうのです。

胃下垂の治し方

適正な体重をキープする

「細さ=美しさ」という間違った美の概念に囚われて、必死にダイエットするのはもう時代遅れです。

2016年1月には、ファッション最先端のフランスでも、痩せ過ぎのモデルを規制する法律が公布されるなど、細いことは美しさの基準ではなくなってきています。

自分の体重が痩せ過ぎになっていないかチェックするためには、「BMI(体格指数)」を利用しましょう。

BMIの計算方法

体重 kg ÷ (身長m × 身長m)

例えば、体重が46kgで身長が158cmの場合は、

46kg ÷ 1.58×1.58 = 18.4 で、BMIは「18.4」です。

この数値が「18.5未満」の場合は「痩せ過ぎ」となります。体重を増やしましょう。

BMI指数判定
18.5未満低体重(痩せ過ぎ)
18.5~25未満普通体重
25~30未満肥満(1度)
30~35未満肥満(2度)
35~40未満肥満(3度)
40以上肥満(4度)
適正体重の計算方法

BMIと一緒に覚えておくと便利なのが、適正体重の計算方法です。

(身長m × 身長m)×22

例えば、身長が158cmの場合は、1.58×1.58×22=54.9kg が適正体重となります。

よく噛んで小まめに食べる

胃下垂を治すためには「食べ方」を見直す必要があります。

意識して欲しいのは、

  • よく噛む
  • 小まめに食べる

の2点です。

一度に大量に食べる「ドカ食い」は、胃下垂を悪化させるのでやめましょう。

さらに、胃下垂を治す上では、「カロリー」よりも「嵩」を意識してください。

ローカロリーだからといって、野菜や蒟蒻を大量に胃に押し込むような食べ方はNGです。

食べる回数を増やす

一日のトータルの摂取カロリーは変えずに「食べる回数」を増やしましょう。可能であれば、「1日5食」のスタイルが理想的です。

朝昼晩の3食を今までの8割程度に減らし、その分、1日2回のおやつタイムを作ります。

こうすることで、一度に胃にかかる重みが減り、消化も早まるため、胃の負担を軽減することにつながります。また、摂取カロリーを変えなければ痩せる心配もありません。

注意点として、「おやつ」といってもお菓子を食べる時間ではなく、食事のフォローをする時間と考えて、栄養バランスの良いものを食べましょう。

例えば、おすすめ食材としては次のようなものがあります。

  • ゆで卵
  • 野菜スティック
  • 豆乳
  • 豆腐
  • ナッツ
  • ドライフルーツ
  • さつまいも
  • スープ
  • ヨーグルト
タンパク質をしっかり摂る

胃を支える腹筋、内臓を支える筋肉・膜組織を強化するためには、その原料となる「タンパク質」が欠かせません。

毎日、タンパク質を優先的に食べてください。

  • タンパク質は、
  • 大豆

に含まれています。1食につきどれか一つは必ず食べるようにしましょう。

タンパク質は、1度に吸収できる量が決まっているので、一気にたくさん食べても意味がありません。

毎食少しずつ、毎日食べ続けることが、胃を支える強い筋肉づくりに役立ちます。

腹筋を鍛える

腹筋を鍛えれば、胃下垂の改善に役立つのはもちろん、コルセットの役割をしてお腹がポッコリと出るのを防いでくれます。

腹筋を鍛える方法にはさまざまな方法がありますが、胃下垂予防に効く「腹筋の下部」を鍛えるために効率的なのは「レッグレイズ」という方法です。

レッグレイズのやり方
  1. トレーニングマットなどを敷いた床に仰向けになります。
  2. 足を上に上げていきます。
  3. 足と体が垂直になるまで上げたら、ゆっくりと元に戻していきます。
  4. かかとが床に付く寸前のところまで戻したら再び足を上げていきます。
  5. この動作を繰り返します。

これを15回・1セットとして、1日3セット以上行いましょう。

床さえあればどこでもできるので、自宅でテレビを見ている時間を、トレーニングの時間に変えてしまいましょう。

腰を痛めずに快適にトレーニングを続けるためには「トレーニングマット」があると便利です。

猫背を治す

猫背は胃下垂の大敵ともいえます。できるだけ早く解決していきましょう。

猫背を治すためには、「あごを引く」ことが大切です。ただ、そのとき「あごだけ」を引くと下向きになり、頭が前に出てしまいます。

コツは、

  • あごと一緒に、首全体&後頭部も引く
  • 肩甲骨を中心に寄せる

ことを意識すると良いでしょう。

胃下垂の治し方!お腹だけポッコリを解消する7つの方法

軽度な猫背なら、これを意識するだけで改善することが多いので、ぜひ試してみてください。

ただし、あごを引いた姿勢が息苦しく感じたり、あごを引くこと自体難しく感じる場合は、猫背の程度がひどく自力での矯正が難しい可能性があります。

その際は、姿勢矯正を行っている整体院で相談してみましょう。

骨盤の歪みを矯正する

骨盤の歪みがある場合は、矯正していきましょう。まずは、骨盤を歪ませてしまう習慣をやめることが大切です。

  • 足を組まない
  • バッグは右側・左側の両方を使って持つ
  • 寝るときは仰向けで寝る
  • ヒールの高い靴を履く頻度を減らす
  • 横座り(お姉さん座り)、ペタンコ座り(女の子座り)をしない

このような骨盤を歪ませている原因を取り除けば、徐々に骨盤は正常な位置へと戻っていきます。

また、簡単にできる骨盤ケアとして、フライビシットを着用することもおすすめです。

フライビシットは、累計販売30万枚をと越える骨盤補正ショーツで、骨盤補正をサポートするだけでなく、高着圧よってヒップやウエスト周りのスリムをサポートしてくれます。

骨盤体操やストレッチなどを挑戦してみたけど、面倒で続けられなかった…というあなたもフライビシットなら履くだけなので無理なく続けられるはずですよ。

公式サイトから購入すると、送料無料なうえに、限定の特典もついているのでおすすめです。




>>「フライビシット」公式サイト<<

ヨガを行う

さまざまな不調に効果のある「ヨガ」ですが、胃下垂に効くポーズとして「肩立ちのポーズ」があります。

肩立ちのポーズのやり方

胃下垂の治し方!お腹だけポッコリを解消する7つの方法

  1. 仰向けになる。両腕は、手のひらを下に向けて体の横へ沿わせます。
  2. 息を吸いながら、両足をゆっくりと持ち上げていきます。
  3. 息を吐きながら、腰・お尻を持ち上げ、手のひらで腰を支えます。
  4. そのまま足先を真っ直ぐに伸ばして静止します。
  5. 静止した状態で5呼吸、深呼吸します。

このポーズは、逆立ちができない人でも簡単に体を逆転させることができるポーズです。

下垂している胃が、逆転することで正常な位置へと戻っていきます。

食前のお腹に食べ物が入っていないときに、ゆっくりと落ち着いた気持ちで行ってください。1日1回、毎日続けると効果的です。

ストレスをケアする

少しでもストレスを抱えている自覚のある人は、積極的にストレスケアを行いましょう。

人によってストレスケアの方法は違いますが、そのバリエーションを多く持っていれば持っているほど、ストレスに強い人ということができます。

例えば、

  • 好きなミュージシャンのDVDを見る
  • お気に入りのカフェでコーヒーを飲む
  • 友だちにとことん話を聞いてもらう
  • 趣味に没頭する
  • 近所を散歩する
  • スポーツジムで汗を流す

など、「これをすると、心がホッとする」「これをしている間は嫌なことを忘れられる」という方法を、たくさん持つようにしましょう。

まとめ

胃下垂は、体質だからと諦めていた人も多いかもしれません。

ただ、そのまま放置しておくと、外見の問題だけでなく、胃腸の不調がつらくなるケースもあります。

ぜひ、この記事でご紹介した方法を一つでも試してみてください。適切なケアをしてあげれば、胃下垂は十分に改善が見込めるのです。

スポンサーリンク

関連記事