【意思が弱い人向けダイエット】海外ドラマを見ながらエアロバイクをこいで3ヶ月で-10kg

人生でダイエットにチャレンジしたことがなかった私ですが、3ヶ月で9kgのダイエットに成功し、その後も毎月1kgずつ減らしながら徐々に理想の体重に近づいていっています。

本格的にダイエットを始めてからほぼ毎日体重計に乗っていたのですが、メモするのすら面倒で肝心のグラフなどは残っていません。ただ、目標としている体重になる度に友人にチャットで報告していたので、その推移を日付とともに書いてみたいと思います。

  • 2017/3/17 71.5kg
  • 2017/4/5 69.2kg
  • 2017/4/11 68.0kg
  • 2017/4/29 65.9kg
  • 2017/5/7 65.0kg
  • 2017/5/26 63.9kg
  • 2017/6/9 61.9kg
  • 2017/7/20 60.6kg 

決して右肩下がりの順調な体重減少だったわけではないのですが、停滞期や逆に体重が増えてしまったときなどは報告したくないので記録に残ってないのです(笑)ただ、徐々に体重の減りがゆるやかになっていますが、約3ヶ月かかって9kg~10kg程度体重が落ちたのがわかります。

私が3ヶ月で-9kgのダイエットに成功したわけ

その成功の秘訣は「頑張らない」ことを目標に戦略を立てたからだと思っており、たった2点にこだわることに決めたのが良かったのかなと思っています。それは、

  • 好きなドラマを見ながらエアロバイクを漕ぐ
  • こんにゃく米を使って無理せずカロリーダウン

この2点だけです。これだけ…というほど楽ではなかったのですが、効果が出たのは事実なので紹介したいと思います。

健康診断を受ける度に「メタボ」と言われつつ踏み出さない5年間

毎年健康診断を受ける度に、医者からは内蔵脂肪が多いからダイエットしなさいと言われ続けて早5年。人生で一度も食事制限なんかしたことがないし、運動は小学生の頃から大の苦手。ダイエットしなくちゃいけないんだろうなと頭ではわかっていてもなかなか踏み出せないままズルズルと体重が増えていく日々を送っていました。

3週間で+3kgの体重増でダイエットに目覚める

そんな状態が続いていたある日、仕事のストレスが重なり朝ごはん、昼ごはん、おやつ、夕ご飯、夜食と一日5食の暴飲暴食を1ヶ月ほど続けてしまいました。当時花粉症の薬をもらうために通っていた病院では、通院する度に体重を測るのですが、そのときたった3週間で+3kgも体重が増えていることが発覚したのです。ただでさえ、痩せなければ肝硬変になると脅されているのに、短期間でこんなに太ってしまうとは・・・

3週間で+3kgということは、1年52週間同じ生活をしたら+52kg… これは確実にヤバイ・・・。その瞬間からダイエット熱に日がついたのです。

ダイエットのセオリーを調べる

「○○を食べ続ければ痩せる!」「5分の○○運動でお腹が凹む」といった世の中にあるダイエット情報に対して疑心暗鬼だった私は、まずはダイエットの基本的なセオリーを調べることにしました。男性向け・女性向け問わず、ダイエットに関するサイトやブログ、雑誌を読み漁り、必要があれば論文も読む、といったことをした結果わかったのは以下の通りです。

  • 1ヶ月で10kg痩せたいけどそれは無理。ダイエットは、1ヶ月に体重の5%減が目標の上限。それ以上は筋肉がやせ細る。

当たり前なのですが、これが個人的には一番つらい事実でした。10kg落としたかったら、3~4ヶ月もかけてじっくり腰をすえなければならない。そんなに時間をかけてダイエットなんかしたくない…というのが本音でした。

  • 痩せるためには「消費カロリー>摂取カロリー」にすることが全て。
  • ダイエット(=脂肪を減少)しながら筋肉を増やすことは諦めるべき。
  • 脂肪を減らせば基本的に筋肉も減少する。それを抑制するために筋トレすることも大事。
  • 代謝を減らさず維持しやすいカラダになるためには、一旦痩せて(脂肪燃焼)からもう一度太る(筋肉増強)必要がある。
  • 心拍数を100~120で長時間続ける有酸素運動が、脂肪燃焼には最も効果的。
  • 糖質を減らすことが重要だが、タンパク質は減らしてはいけない。

といったことがわかりました。実は、当初お腹をへこませるには手軽で良いのではないかと思って、お腹にパッドを貼って電気刺激で筋肉を強制的に収縮させる、いわゆるEMSマシンも2万円ほど払って買ったのですが、以下のことがわかって使わなくなりました。

  • 部分痩せはほぼ幻想。体重を全体的に落とさなければお腹だけ痩せると言ったことはない。
  • EMSには期待できない。医療用でなく家庭用の低周波のEMSでは、筋トレ・カロリー消費ともに十分でなく効果は薄い。
  • 論文を調べたところ、運動経験が全くない女子大生の場合のみ家庭用のEMSでもわずかに効果があったという論文は見つかったが、他の場合には効果がほぼなさそう。

と、理屈や体験談ばかり調べて頭でっかちになった私ですが、一番の課題は「実際に自分がやる!」ということです。

ジム、ジョギング…では続かない!

具体的にどうしようかダイエットをしようと志してジムを契約しても、意志が強くないとなかなか行くことができません。実は過去に1回近くのジムを契約したことがあったのですが、3ヶ月契約して実際に行ったのは最初の月に2回だけ… まあ、意思が弱い人あるあるだと思いますが、なぜ続かなかったのかの言い訳を全部書きだしてみることにしました。

  • ジムに行くするのに片道10分もかけたくない
  • そもそも花粉症だから仕事以外に出歩きたくない(←言い訳に思えるかもしれないですが、本当に花粉症が酷いんです…)
  • ジムで30分も運動してるときに見たくもないテレビを見るのが楽しくない
  • ジムにタオル、シャツ、室内履き等々を持っていくのが面倒
  • 運動して疲れてるのに、その後に家まで帰りたくない
  • (近くのジムが23時まで開いてたのですが)自分がやる気が出るのは24時以降だ

書き出してみると、我ながら呆れるくらいの言い訳ですね。ですが、やる気がでないんだから仕方がない!というわけで別の方法を探してみることにしたのです。

ジム以外にも有酸素運動としてよくおすすめされるジョギングも検討したのですが、

  • 音楽だけ聞いて30分も歩いたり走ったりしたくない
  • 時間があるならスマホでゲームしたいけどジョギングしながらだと危ない
  • そもそも花粉症だから外を出歩きたくない(笑)

というわけで却下です。

そこで、ジムに行ったらやろうと思っていたエアロバイクって買ったらいくらなんだろう?と思い始めたのです。

そもそもジムの月会費を払うくらいなら、そのお金でエアロバイクその他の運動器具を買ってもいいのではないか、一度買ってしまえばずっと使えるわけでかえって安いのではないか、と思いつきついにエアロバイクを買うことにしたのです。エアロバイクの値段を調べたところ、安いもので1万円台~あることが判明しました。

意外と安いエアロバイク

エアロバイクの値段を調べたところ、安いもので1万円台~あることが判明し、2ヶ月も使えばジムよりも安いので購入することにしました。

エアロバイクを購入するにあたって注目したポイントは以下のとおりです。

  • 心拍数計がついていること
  • カロリー消費量の目安がわかること
  • 重さの調整ができること

これを満たせば有酸素運動用のマシンとして最適です。カロリー消費量計は安いものでもついていることが多いですが、少し値が張っても心拍数計がついている物を選ぶのがポイントです。それでも大体2万円代で購入することができます。おすすめは以下の機種です。


ALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AF6200 8段階負荷調節 スタンダードモデル

でも、これだけでは続かないと思ったのです。エアロバイクを漕いでいる30分間暇じゃないですか・・・この問題が解決しない限り、多分運動が続かないはずです。

エアロバイクのベストパートナー:動画サービス

エアロバイクを漕いでいる間の暇つぶしを考えた結果、エアロバイクをTVの前に起き、TVで映画やドラマが見れる動画サービスを視聴する、というのが最適であるという結論にたどり着きました。これであれば、見たいテレビをやっていない時間帯でも、好きな映画やドラマを見ながら漕ぐことができます。

動画配信サービスは何を選んでも良いと思うのですが、私はすでにAmazonプライムに加入してたこともあり、Amazonプライムビデオを見ることにしました。そのために必要な機器としては、FireTVのStickです。これをテレビに繋ぐことで、あとはエアロバイクを漕ぎながら手元のリモコンで好きな動画を選ぶのです。


Fire TV Stick (New モデル)

エアロバイクを漕いでるときにリモコンをずっと持っているのは辛いし、心拍数も測れなくなってしまうので、私は100円ショップで自転車につけるカップホルダーを探してきてエアロバイクに取り付けて、その中にリモコンを入れることにしています。

海外ドラマ1本みると300kcal

漕ぎながら計測していたのですが、海外ドラマを1本見るとだいたい45分程度。心拍数をあげながら漕いでいると大体15分で100kcalほど消費することがわかったので、海外ドラマを1本見るとだいたい300kcalほど消費します。連続物のドラマの場合、続きが気になるのですが、ドラマを見るためにはエアロバイクをこがなければならない、とルールを課すことにしました。

すると、ドラマを見よう!という気持ちが起きる度にエアロバイクを漕ぐことになり、運動しよう!と決意することなく運動する習慣がつくようになりました。

次回:同時に行った食事制限

脂肪を1kg減らすには7200kcalほど消費する必要があると言いますが、300kcalの運動をすることで毎月300kcal×30日=9,000kcalほど消費することができる計算になります。これと毎日300kcalほど食事を減らすことができれば、合計700kcal×30日=21,000kcal≒脂肪3kg落とすことができる計算となります。この食事制限のために、こんにゃく米が大活躍することになるのですが、それは次回紹介したいと思います。

 

関連記事